宅建試験の勉強でテキストの正しい使い方を学びましょう。




宅建の勉強でテキストの使い方とは

宅建のテキスト、参考書、それから問題集、多くの受験生の方はこれを用意すると思います。

今インターネットで見ますと、宅建試験の過去問題は無料で提供されています。私の意見としては、紙の教材を使った方がいいと思います。

デジタル情報というのは、記憶に残りにくく人間の集中力記憶力はちょっと下がるらしいんですね。その関係で、同じ学習するのであれば、紙の書籍などを用意して学習された方が良いではないかと思います。特に、過去問題その時にちょっと注意しておいてください。

テキスト、参考書を読んで理解します。1章とか1項とか、一つのテーマを勉強したら、そのテーマの対応する4択問題とか一問一答の問題を解くのがいいと思います。1回読んで1回問題を解いて終わって、次のテーマへ進んのではなくて、もう1回同じテーマを繰り返すということが大事です。

・宅建のテキストを読んで問題を解く。
・宅建のテキストを読んで問題を解く。

この繰り返しの作業がとても重要になってきます。最初は解けなくてもいいです。最初はテキスト・宅建試験の参考書を開きながら問題を解いてみてください。とにかく理解することを大切にして、整理することを大切にして繰り返し、繰り返し学習してください。

なぜ繰り返しが大事だと言うと、人間は一度見たり聞いたりしたことを基本的には、たった1日で74%は忘れると言う有名なお話があります。1回読んだだけでは、どんどん抜けていってしまいますね。「私覚えることが苦手だけど」という方ご安心ください。

これ普通です。1回見たもの忘れるのが普通です。それでは「どうしたらいいか」と言いますと、それを前提に、「繰り返さないと忘れるから繰り返します」一日たって忘れたらまた繰り返します。

また忘れたら、それを1日後とか1週間後とかに、何回も何回も繰り返してだんだん定着させていく。この繰り返しの作業が4回・5回と、感覚的に4・5回以上になってきますと、脳が「重要な情報」というように認識してくれますから忘れにくくなる。

という脳のメカニズムがあります。繰り返すことが大事ということになります。ここでアドバイスなんですけども、「分かってないことを繰り返すなんて楽しいですか? 」きついですよね。分かってないで繰り返すのは、我慢大会の罰ゲームですよ。

だから、最初に理解し整理してちゃんと分かっておくことが大事です。分かっていることは、それだけでも忘れにくくなるのです。宅建試験の勉強して楽しんで、具体的な場面や身近な場面などを思い浮かべ、ちゃんと理解した上で繰り返しを行っていただければと思います。

理解・整理するためのおすすめの教材は、ないんですかということですね。ちゃんと繰り返したくなるような良いものがないと、やる気がなくなっちゃいますよね。最後に、宅建試験は難関です。本気でやれば必ず合格できる試験です。本気で合格のための学習ができれば必ず合格できる試験です。

一緒に頑張ってことしの宅建試験に合格しましょう。

⇒メニユーへ戻る

新着記事

宅建試験勉強 5月までにやること

 宅建試験対策 5月から今何をすべきなのか。 今回は、ある宅建の勉強をある程度勉 ...

宅建の勉強はどんな方法でやってますか?

今、宅建の勉強をしています 今のところ参考書などを読んで問題を解いたりしています ...

宅建試験に出る地価公示法について

地価公示法 地価公示法についてポイントを学習しましょう。 まず地価公示法とは、ど ...

宅建攻略-民法本論 時効の中断

時効の中断とは何なのか。 消滅時効 債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消 ...

宅建攻略H18-43 報酬 宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説 ★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消 ...

宅建攻略–広告契約時期の制限

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説 宅地建物取引業者Aの業務に関す ...

宅建を取るなら目標を決めて勉強したほうがいいと思います

宅建合格者・初心者様の体験談 宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なこ ...

宅建攻略—37条書面の契約書 

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説 宅建業法の37条書面の契約事項の任意的 ...

宅建攻略—不動産取得税のポイント

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。 宅建試験における不動 ...

宅建攻略—国土利用計画法 の重要ポイント

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。   さて、 ...