宅建試験の難易度が知りたいのですが?




 他の資格と難易度を比較

宅建士試験の学習範囲は、広く、暗記する量が膨大です。しかし、暗記しただけでは無意味で問題を理解していないと本試験で応用ができません。

宅建士試験に合格するか否かは、「正しく理解していて、応用ができるか」と言っても過言ではありません。

なので、なかなか理解できない方にとっては、宅建士試験が難しく感じるはずです。

理解できない方は、短期合格を目指すより、じっくりと学習期間をとり、地道に理解する学習を継続していかなければなりません。

 難易度を比較【宅建士試験と管理業務主任者試験】

 
宅建士試験に興味を持っている方は、管理業務主任者試験の方が易しいと思っている方がいるかもしれません。あたりです。宅建試験の方が難しいです。

宅建士試験と管理業務主任者試験は、学習する科目が重複している部分もあり、管理業務主任者試験に合格してから宅建士試験と受験を考えている方も多いのではないのでしょうか?

難易度的には、宅建士試験の方が高いと感じています。

 難易度を比較【宅建士試験とマンション管理士試験】

宅建士試験とマンション管理士試験に挑戦相としている方は、まず難易度の低い宅建士試験に合格してからマンション管理士試験に挑戦された方が無難かと思います。

難易度的には、宅建士試験よりマンション管理士試験の方が高いと感じています。

  難易度を比較【宅建士試験とファイナンシャルプランナー】

答えはどっちも難しいですね。でも、それでは答えになりませんので一応区別をしましょう。
宅建試験もファイナンシャルプランナー試験も難易度はほぼ同ランクです。

ただ、合格率だけを見ると相違があります。宅建は15から17%なんですけれども、ファイナンシャルプランナーの場合は大体30%ですが、40%超えることもありますので単純比較は難しいです。

合確率で比較すると、FPの方が若干優しく思います。
ただ、どちらの試験も考える民法であったり、不動産の知識が共通で問われますので、愛称はいいです。

続いてよくいただくご質問ですが、宅建とマンション管理士のどっちが難しいですか?とよく言われます。

マンション管理士方が単純に合格率だけを見てもかなり難しいです。

宅建・マンション管理士さらに管理業務主任という資格がありますので、是非、このまずマンション管理士のかなり難しい試験を突破しましょう。

その勢いで宅建・管理業務主任者という資格も取っていただければいいかと思います。

不動産業界は、マンション管理士・管理業務主任などはとても有効です、どうせならダブルじゃなくトリプルライセンスを目指すようにしてください。

宅建と日商簿記僕とではどっちが難しいというご質問がよくあります。
宅建と日商簿記2級がおよそ同じランクということができます。

ただ、これは正直学ぶ内容が全く違うんですね。

ですから、ここは皆さん誤解しないでいただきたいんですが、単純に合格率だけの比較をしているという。こういった場合は、ほぼ同じだと、当然僕でも思います。

日商簿記は高い合格率がありますけれども、15~20%ぐらいが平均的になりますので、そういった意味で宅建と簿記2級がおよそ同じランクだという風に考えておいてください。

  難易度を比較【宅建士試験と行政書士】

行政書士に合格するには、およそ1年間みっちり勉強する必要があります。

以前は、10月に宅建の試験があって、11月に行政書士試験があるのですから、両方とも同じ年に受けることができました。

しかし、行政書士も宅建試験もどんどん難しくなり両方受験することが大変難しくなってきました。

今は、残念ながら、よほど法律の知識のある人。例えば大学なんかで法律の勉強をした方以外は順番にとることをお勧めします。

宅建試験と行政士試験、どちらから先にとるかは決まってない場合には、私がお勧めは、本来は宅建を正直な話しおすすめしたいんですが「行政から取って下さい」と言います。

それを正直に話します。なぜかと言うと、資格試験というのはやはり難しいほうから先に取った方がいいですね。

そうすると、次は優しくなりますから体力的にも楽になります。
ということで、難しい行政書士をとって次に宅建を取るという流れをお勧めします。

  難易度を比較【宅建士試験と税理士資格】

よくあるご質問ですけども、宅建士と税理士資格ということで
税理士合格までの道のりは、平均3~4年です。

皆さんご存知かもしれませんが、税理士試験は一気に合格することができますけど、
働きながらですと一科目づつ準を追って取得する。

科目合格を経てやっと税理士という風になる言うことですから、どちらが難しいかといいますと、圧倒的に3~4年かかる税理士の上位資格の難しい資格を取ってから、その後宅建に移りましょう。

もし皆さんが税理士を目指しているのであれば、まずは目指してる税理士を取ってください。

 宅建試験の難易度口コミ

宅建試験は超難関ではなく勉強さえすれば報われる試験なので継続的な勉強を心がければ、宅建試験の難易度自体は気にならないでしょう。

結局のところ宅建試験を合格するには、試験勉強にどれだけの時間を費やすことができるかがポイントになってきますので、いわば時間との勝負と言えるでしょう。

宅建試験には受験資格がありませんから、中卒であろうが高卒であろうが誰でも受験することができます。ですから多くの人が宅建試験の勉強に取り掛かりやすいです。

この人気国家資格の合格率や宅建試験の難易度は気になるところでしょう。
約10人に1人しか合格することができないのですから、宅建試験の難易度は高い資格試験でしょう。

大袈裟かもしれませんが、高校受験や大学受験に挑むくらいの気持ちで勉強に望んでくださいね。しかし暗記問題も多くあり、民法などはきちんと覚えていなければ答えられないのが現状です。

合格率をみるとたったの10%~15%程度しか無く、受験者数で見ると平成20年は約21万人いて合格者は約3万4千人しかいません。

合格率は例年15%程です。つまり誰が何点取ろうが上位得点者からからバッサリと15%のラインあたりで切り落とされてしまいます。

ということで、宅建の試験の「合格点」というものは試験の結果でわかるのです。
ここ宅建受験者の方が勘違いされているのです。

35点で合格する年もあれば32点で合格する例もあります。だから宅建試験を受験する前から35点目指していた人は、昨年はなみだを流されたかと思います。

36点でバッサリと切られましたから・・・

⇒メニユーへ戻る

新着記事

宅建試験勉強 5月までにやること

 宅建試験対策 5月から今何をすべきなのか。 今回は、ある宅建の勉強をある程度勉 ...

宅建の勉強はどんな方法でやってますか?

今、宅建の勉強をしています 今のところ参考書などを読んで問題を解いたりしています ...

宅建試験に出る地価公示法について

地価公示法 地価公示法についてポイントを学習しましょう。 まず地価公示法とは、ど ...

宅建攻略-民法本論 時効の中断

時効の中断とは何なのか。 消滅時効 債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消 ...

宅建攻略H18-43 報酬 宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説 ★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消 ...

宅建攻略–広告契約時期の制限

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説 宅地建物取引業者Aの業務に関す ...

宅建を取るなら目標を決めて勉強したほうがいいと思います

宅建合格者・初心者様の体験談 宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なこ ...

宅建攻略—37条書面の契約書 

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説 宅建業法の37条書面の契約事項の任意的 ...

宅建攻略—不動産取得税のポイント

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。 宅建試験における不動 ...

宅建攻略—国土利用計画法 の重要ポイント

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。   さて、 ...