効率的な宅建独学勉強法

宅建試験の高率的な勉強法とは?

付加情報を付けることでどれだけ宅建試験の勉強ができるのか。

誰でもできる宅建試験の勉強方法

今から説明する宅建独学勉強方法の内容はすでに皆さんご存知のことばかりです。ただ、わかっていてもできないというのが現状ではないでしょうか。

ですから、一つでも実行に移していただければ幸いです。多くの方が何時間勉強した、ということで達成感を満足してしまいます。

宅建を独学で勉強するとき重要なことは、この宅建の勉強をした時間ではなくて、なにを理解したのか。何を覚えたのか。その覚えなければいけないこと。この意味が解っていないことです。

では、どうすれば解るのか。これが、今回お話する付加情報です。今回は、この付加情報をつけることでどれだけ宅建の条例を記憶しやすくなるのか。頭に定着しやすくなるのか。

宅建を独学で勉強するとき、これを一度体感してみていただきたいと思います。例えば、区画整理会社ですが、土地区画整理事業を一度勉強したことがある方は、「区画整理会社とはこんな会社だ」ということがお分かりかと思います。

この区画整理会社は都道府県知事に認可してもらいます。そのために必要な要件として、宅建のテキストや過去問で見たりすると、「施行地区内の有権者又は、借地権者が株主の議決権の過半数を有していなければならない」と書いてあります。

これを覚えるわけですが、宅建を独学で勉強するとき、これを、そのまま覚えようと思っても、意味が分かりません。ですから覚えられないと思います。しかし、多くの方が、そのままこれを覚えようとしますが、実際は覚えづらいと思います。

実際、これが宅建試験で出てくると、覚えていなくて間違えるという結果になってくるわけす。宅建を独学で勉強するとき、なぜ覚えられないかと言うと、そもそも、区画整理会社が。どのような会社なのか分かっていないということが一つの原因となります。じゃあ、それを覚えればいいんじゃないかと思いますが、宅建のテキストにも、そんなに詳しく書いてありません。

1.付加情報で勉強する方法

たとえば、大きな土地をABCDEFが所有してる場合、曲がりくねった道の中に区画されていたとします。

「ぐにゃぐにゃしている道をまっすぐにきれいにしましょう」そのための施工者が区画整理会社ですよ。ということになります。多くの方が、この区画整理会社をどのように認識しているか。「大手のゼネコンや動産会社がここの区画整理を行っているんじゃないか」と思っているんです。しかし、実際のところはこれは違います。

こんな風に認識をしていると、これが理解できなくなってしまいます。実は、この「ABCTCF」さんは、所有者であったり借地権者であったりします。この人たちと、民間事業者が主となって作る会社が区画整理会社です。この民間事業者だけが区画整理会社ではなくて、ABCDEFさんも一緒になって、株主となってやるのが区画整理会社です。これが付加情報なんですね。これを理解すると、内容がすんなりと入ってくるようになります。

ABCDEFさんは株主です。もちろん一緒に民間事業者も株主です。この全部の株主の中で半分以上の議決権を所有権者であったり、借地権者であったり、区画整理会社であったり。ということが、ここで覚えるべき内容になってきます。

ここまで来ると、意外と「なるほど」「そういったことなのか」と理解ができます。覚えることは、難しくないですが、一部しか載っていないことによって訳が分からなくなります。宅建を独学で勉強するときのポイントは、付加情報を加えることによって、「あー、なるほど」な、と言うことが実感できたかと思います。

さらに、区画整理会社というのは、「公開会社でないといけない会社」ということも、宅建のテキストや過去問題に出ています。これも、また覚えろと言われた時「区画整理会社とはこんな会社」だと知っていないと覚えづらいんですよね。

実際のところ、この「公開会社」という言葉。これも、宅建のテキストによっては、載っているところと乗っていないところがあります。公開会社というのは、株の取引が誰でもできてしまうそういった会社ですよね。

株式を公開している大手の会社は証券会社を通して株が買えますよね。そういった会社が、公開会社です。そういうことをしていない多くの中小企業、零細企業というのはオーナーが株を持っているわけです。

そういった会社は、いわゆる公開会社でない会社ということになります。公開会社でないと区画整理会社にはなれないというのがこの理由です。がなぜかと言うと、さらに情報を付け加えましょう。実際に公開会社だと、どうなるか。

例えば、A,B,C,D,E,Fさんと、民間事業者の区画整理会社が公開会社であれば、別の民間事業者が株を買ってしまうと、その業者は区画整理事業ができるわけ
ですよね。そうなってくると、元々の区画整理会社は、何なのかということになります。

単に株を取得するだけでできてしまうということを防ぐために、「公開会社でない会社は、未公開会社にしましょう」という規定ができています。このように付加情報を加えることによって、意外にすんなりと「なるほどな」と理解ができたと思います。

「なるほど」というのが記憶に反映してくるわけです。これが効率的な勉強法につながってきます。独学でやられる方は、付加情報を付け加えることは非常に時間がかかると思います。他に調べなことをいっぱいしなければいけませんね。

さらに、通信講座では、このような細かいところまでは教えてくれませんし、宅建のテキストに載っていません。実際に質問すると、そこまで詳しい回答が返ってくるかと言うと、おそらく反ってこないと思います。

スクールでも、授業でも、このようなことをやっているかと言うと、ほとんどやっていないと思います。宅建のテキストに載っている内容をやっているだけですから。おそらく、付加情報を付け変えれば、「こんなに分かりやすいんだ」。

宅建独学勉強方法は「意外と簡単に、シンプルに覚えられるんだ」と言うことを今回は実感していただいたと思います。