宅建を独学で勉強するときの理解学習について教えてください

宅建試験勉強で覚えたことをすぐに忘れてしまう!!

宅建を独学で勉強しても時間がたつと、どんどん記憶が曖昧になってしまう。
宅建試験問題を解こうと思っても忘れてしまいます。と、いうような悩みの方にお答えいたします。
人の頭の中というのは、大きく分けると箱が二つあります。
一つ目が短期記憶の箱。もう一つが長期記憶の箱。短期記憶の箱というのは、ちっちゃいですよ。
一方、長期記憶というのは大きな箱です。つまり、どんどん記憶していたものを入れて行ったりすると、短期記憶のほうの箱が小さいので、どんどんあふれていく。つまり忘れていくということですね。

長期記憶の維持

一方、宅建を独学で勉強するとき長期記憶というのは、箱がすごく大きいので、一度入ってしまうと、そこにずっと止まることができるんですね。つまり、記憶が定着するというというのが長期記憶です。忘れてしまうのが短期記憶なんですね。
誰でも初めは、何か覚えようと思った時に短期記憶の箱へ入れるわけですね。その後、色々な方法を使って長期記憶の箱へ移し替えていくと、いう形になるわけですね。
どのようにして短期記憶から長期記憶の方へ移して行くのか。というところがすごく重要になってきます。