宅建試験6か月前の宅建試験の勉強方法は?

宅建試験までに半年を切ったときにどうするか。

どのように、宅建の勉強をしたらいいのか、勉強方法がわからない。という方のために、
今、「何をすべきか」ということを話します。
また、そこからどう対策を考えていくのかということをお話しします。

宅建試験日まであと6ヶ月前になったら何をすべきか。

今の自分の実力というものを確認するのが一番重要です。なぜかと言うと、まだ6ヶ月前だからいいのでは、ないか。そういう方は、「今から1~2ヶ月前に過去問題をやろう」とかと思われますがそうではないんです。まだ一回も過去問をやっていない方であれば、まず、過去問題をやってください。

大体、10年から5年分ですが、1度または、2回くらいやってみてください。これは、理解して勉強をやられた方に対しての話です。もし2回とか復習をやっているのであれば、今現状の把握というものができていると思います。

過去問を勉強していると、問いに対する答えのみしか書いてない場合があります。

例えば、過去問題でよく出る部分ですが、「建物の抵当設定時に建物が存在していない」とか「法定地上権は成立しない」というような内容はよく出題されています。

となってきますと、解説の部分では、この部分しか書いてないものが多いのです。

例えば、原則があって、例外がある場合の錯誤の問題で動機の錯誤とします。動機の錯誤も、要素の錯誤に含まれる場合と、含まれない場合があります。こういった細かい内容の話は、全体として解説して載せているところは少ないのです。

この法定地上権についても同じです。成立要件は、四つあります。解説では、ひとつしか載っていないというケースがあります。こうなってくると、勉強していて、ここの一部分しか覚えることができません。この、一部分しか、覚えていないということになります。でも、皆さんは覚えていると思ってしまうのです。

過去問が解けても本試験で解けない

なぜかと言うと、問題は解けているし、解説を読んだら解説も覚えられているからです。しかし、実際は、別の要件もありますので、これが試験に出題された時に皆さんは解けなくなってしまうわけです。出題者側としては、「1回出したから、2番、3番、4番の要件を出しても、解けて当たり前だ」ということで、こんな感じで出題してきます。

ですから受験者の皆さんは、過去問題ばかり勉強して、単的にしか覚えられていないため、どんどん不合格になってしまうんですよ。過去問題を使って勉強する方法は、初めは物事を単的にで覚えていきます。初めは、物事を単的に覚えていくことは自然な行動です。しかし、ある時期を過ぎたらこれをつなげていく作業をしなければいません。つまり、全体を見渡せるようにしていくことです。

今は、木を見ているだけです。これかららは、森を見ないといけません。そうしないと、解ける問題も解けなくなってしまいます。だからこそ、いま現状把握することによって、今まで解いたことのないような問題を解いてみることが必要です。抵当地上権であれば、「全体を覚えているのか」ということを確認するわけです。

なぜ今かと申し上げますと、だいたいこの勉強するのを2~3ヶ月前とすると、6か月前からやるよりは、対策が遅れてしまいます。遅れるということは、その分対策の時間がどんどんなくなってしまいます。

考えてみてください、試験2ヶ月前だとします。予想問題をやって20点だったとします。どうされますか?

もう残り2ヶ月です。今まで、半年以上勉強していて、予想問題が20点しか取れない。おそらく諦めるか、猛烈に勉強するか、どちらかでしょう。そういった厳しい状況に陥ってしまいます。そうならないために早めに手を打ちましょう。

だから今なんです。これが宅建攻略法です!!