宅建 合格 体験記–わたしはこれで宅建試験に合格しました!!

宅建試験の勉強において対応できる参考書について

試験に確実に対応できているテキストというものはないかと思います。

私は2年ほど前に宅建合格していますが、そのときは宅建のテキストと問題集のみの勉強でした。

宅建の過去問題を繰り返しやって、正解率9割以上、予想問題集をやって正解率7割以上なら大丈夫だろうと個人的には思っています。どちらの宅建参考書も本屋で売っています。宅建法律用語は普段慣れていないのでわからなくて当然です。

ちょっと大変かもしれませんが、わからないことはなるべく自分で調べる、ということをされたほうが頭に入るかと思います。宅建過去問題などをやっていて、テキストに全然のってないよ・・・っていうのも出てくるかと思います。

そういった極端に難しいものは避けておいて、基本的なものをまず確実にマスターしてくださいね。おすすめの宅建参考書などですが、本屋でちょっと立ち読みしてとっつき易いものをご自身で選ばれたほうが確実です。

ちなみに、私のときは宅建試験問題より宅建予想問題のほうが難しかったです。今年から宅建試験を目指そうとしている方に少しでもお役に立てればと思います。宅建試験で多くの失敗は、やるぞ! と意欲いっぱい、がむしゃらに宅建 勉強したが、「これでいいがこれでいいのか?」と不安になってしまうことです。宅建の学習範囲が広いだけに、宅建 テキストなどは最初はどこを重点に宅建 の勉強していいかわからなくなり、ただその場の思いつきで学習をやっていては誰でもこのような不安にまきこまれます。

試験日までのモチベ ーションの維持

まず学習するにあたり、いかに試験日までモチベ ーションを持ち続けることができるかが合否にかかわってくるのではないでしょうか。それには、目標達成度チェック表が有効です。そして、「だれの手も借りずに、自分ひとりで絶対やりとげるのだ」という強い意志が宅建 学習では大切です。

宅建のテキストの独学の進め方

テキストは急いで先へも進む必要はありません。まず最初に宅建テキストをゆっくりと通読してみましょう。ここで全体の構成をつかみます。確実に理解できるまで徹底的に追及します。どこが大切かを読みとって宅建勉強の作戦計画をたて、それに従い今度は合格に必要な箇所を丁寧にマスターしていきます。次に、宅建過去問題 を解きテキストで確認する繰り返しを毎日継続していくことです。

この視点に立つと、第一に、いま自分がしている宅建 勉強方法が正しいという自信がもてます。その結果、無用な不安や焦りにとらわれることがなく、余裕をもって宅建 勉強を進めていくことができるのです。宅建の勉強する場所は、集中して一日数時間単位で学習できる場所を作ることが大切です。場所は図書館が一番の最適場所だと思います。


PDF