2020宅建試験合格ライン予想

宅建試験の合格ラインは、椅子取りゲームみたいなもの?宅建試験の合格点は椅子の数によって決まる?2020年の宅建試験合格ラインをもっと知りたい方のために。

 

例を2年度(2020年度)宅建試験解答予想

1 

2

3

4

5

6

7

8

9

10

1

4

2

3

1

3

2

2

3

2

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

4

3

4

1

4

2

1

3

3

2

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

1

1

3

4

4

3

2

3

3

4

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

1

1

1

4

3

4

1

4

2

2

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

3

4

2

4

2

2

1

3

4

3

解答内容は正確なものではありません。参考資料としてご覧ください。

今年の宅建試験は、試験が2回行われました。これは、初めてのことで受験者の心理も大きく変わったところです。試験内容の印象は、、は全般的に難問といわれるものがなく、オーソドックスな内容となっています。よって、受験者のレベルが上がっていることを考慮すると35点以上になるのではないかと思います。

平成30年度の宅建試験の例ですが、

椅子を取る人が213,993人。合格者の椅子がおおよそ3万あり追加を1万席とした場合、180,633人がが単純に脱落ということです。つまり宅建試験は椅子の数がおおよそ決まっていますから、こんな結果になってしまうのです。

宅建試験は整列型椅子取りゲーム?

ここで普通の椅子取りゲームとの相違は、高得点者(50.49.48.47.46)と順番に行儀よく座っていきます。ここで最後の人は同じ得点者の数によって椅子が削除されたり追加されたりします。これが毎年合格点が変動する理由です。合格点を36点にした場合、合格者が増えて4万人超の椅子がいります。合格点を38点にした場合は、合格者が減って3万席以下になってしまいます。合格点37点にすると33,360人になったというケースです。

昭和の時代の宅建の資格試験合格ラインは?

一定成績以上、当時としては35点が宅建試験の合格点で推移していました。ですから35点の人はみんな合格しておりました。合格点(合格ライン)の上下のぶれも少なく、合格者数に変動がありました。受験者数は19万人前後で安定していますが、受験者のレベルが上がってきたことと、出題問題形式も変わってきたためこのような変動が大きくなり宅建試験の2018年の合格ラインが37点となったこともありました。ということは、35点とったと安心しても不合格となってしまうことです。

 

 

年度

受験者数

合格者数

合格率

合格点

2019

R

220,797

37,481

17.00%

35

2018

H30

213,993

33,360

15.60%

37

2017

H29

209,354

32,644

15.60%

35

2016

H28

198,463

30,589

15.40%

35

2015

H27

194,926

30,028

15.40%

31

2014

R26

192,029

33,670

17.50%

32

 

宅建試験の難易度によって宅建試験合格点が・・・

言い換えますと、問題が易しい年は、宅建試験の合格点が上がり、難しいと合格点が下がります。宅建試験の合格率は16%前後になっていますから、宅建試験の合格ラインを単純に予想するならば、2020年の宅建試験の合格ラインは2019年宅建試験合格点35点と平行線をたどるのでは。、つまり問題は昨年並みと予想します。-桜

宅建試験の難易度によって宅建試験合格点が・・・

言い換えますと、問題が易しい年は、宅建試験の合格点が上がり、難しいと合格点が下がります。宅建試験の合格率は16%前後になっていますから、宅建試験の合格ラインを単純に予想するならば、2020年の宅建試験の合格ラインは2019年宅建試験合格点35点と平行線をたどるのでは。、つまり問題は昨年並みと予想します。-桜-