宅建試験口コミ

仕事をしながら、家事をしながら、アルバイトをしながら独学で勉強し、モチベーションを試験当日まで維持するのは大変なことです。
宅建合格者は、いかにこのモチベーション維持ができたのか紹介していきます。宅建の勉強は目標とモチベーションを維 ...

宅建の勉強方法

宅建の勉強でテキストの使い方とは宅建のテキスト、参考書、それから問題集、多くの受験生の方はこれを用意すると思います。

今インターネットで見ますと、宅建試験の過去問題は無料で提供されています。私の意見としては、紙の教材を使った方がいいと思 ...

権利関係

賃貸借の存続期間と更新等【改正法】

(賃貸借の存続期間)
第604条 賃貸借の存続期間は、50年を超えることができない。契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。

2 賃貸借の存続期間は ...

宅建攻略法

 宅建試験攻略法が知りたいのですがわかる方よろしくお願いします。 宅建試験は50問

宅建試験攻略法を紹介します。
「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの科目
制限時間は2時間で解く必要があります。 ...

権利関係,宅建の勉強方法

宅建の勉強で無権代理人の関係をしっかり押さえよう。

無権代理は、宅建の勉強をされている人の中でもつまずきやすい、あまり理解できていない部分です。

原因は、きっちりイメージできていないということでしょう。きっちり無権代理といっ ...

権利関係

請負(うけおい)とは

当事者の一方(請負人)が相手方に対し仕事の完成を約し、他方(注文者)がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約することを内容とする契約。

日本の民法では典型契約の一種とされ(民法632条)、特に営業と ...

宅建業法

免許の手続きについて学習していきましょう 。

まず宅建業者の免許ですけども、 有効期間は5年間です 。5年ごとに更新をしなければ宅建業続けることができません 。そこで、有効期限が満了する時には 免許の更新の手続きをしなければなりません。 ...

法令上の制限

建築基準法 (建築確認)
——————
ここでは、最低限覚えておかなければならないことを学んでいきますでは、建築確認から見ていきます。 ...

法令上の制限

宅地造成等規制法法令上の制限

宅地造成等規制法の重要ポイントを勉強していきましょう。まず宅地造成等規制法ですけども、宅地を造成する時に何かチェックをしなければいけない。

どんな場合かと言うと、例えば、崖崩れが起きやすい場所。 ...

権利関係

・宅建試験によく出る不法行為について学習しましょう。不法行為というのは、

例えば、わざと石を投げてケガをさせた。この場合、怪我をさせられた被害者は、石を投げつけた加害者に対して「治療費、入院費をくれ」と、法行為の損害賠償請求をすることが ...

権利関係

宅建試験過去問題の意思表示の問いを見てみましょう

 

【問1】 A所有の甲土地についてのAB間の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aは甲土地を「1,0 ...

法令上の制限

都市計画法 開発行為 の規制それでは、合格のテーマを握る重要な鍵を握る開発許可、あるいは、開発行為とは何かについて学習していきましょう。

 

開発行為とは、建築物の建築、又は、特定工作物の建設の目的で行う土地の区画 ...

税金・その他

1.登録免許税とは

登録免許税は、権利の登記を行う場合に課せられる税金です。表示の登記には必要ありません。例えば、Aの土地をBに売った場合、所有権移転登記をしますが、この所有権移転登記の登録免許税の納税義務者は、A,Bが共同して登記申請 ...