宅建の勉強はどこからやればいいのですか?

まず宅建勉強をするにあたって 大切なことは、実際に自分が宅建士になったつもりで考えてみることが 一番大切です。

 宅建のが勉強方法として 過去問を中心に進めていきます。

 やみくもに、どんどん進むのではなく予定を立てることです 。

 まず、自分に合った テキストを選択し、いろいろなテキストの中から自分に一番合ったものを選びましょう。

宅建勉強の内容は、大きく権利関係・法令制限・税・宅建業法の4つの分野に分けることができます。

宅建勉強法は、まずさらっとテキストを読んで全体像をつかみます。

 すると、宅地建物の取引をするには、宅建業法を中心として権利関係。法令制限・税金等が絡んでくるのがわかります。

ですから、宅建勉強法としては、宅建業法をまず最初に手掛けるのが王道かと思います。

毎日必ずほんの少しだけでも宅建の勉強をするように心がけてください。

難しいと思ったら、文字も大きく簡単そうな宅建教材からやりなおしてみる。

勉強をしてもなかなか進まないとあせる必要はありません。

宅建勉強法として、まず始めにしなければならないことは、格項目ごとに目標設定することです。

項目ごとに確実にマスターするところは決まっている必須項目になります。

>宅建試験の出題配分

・権利関係 14
・宅建業法 20
・法令上の制限 8
・税その他 3