宅建学習方法を教えてください

宅建の勉強方法について悩んでます。

その内容は、参考書と過去問題だけで勉強しているんだけども、テキストに載っていないものが過去問に出ていることです。

そのようなことがあると、どうしても不安になってしまいますよね。

私は、過去問だけに出てくるものだけとりあえず覚えていれば簡単に合格できるんではないかと思っていました。ところが、20万人もの人が同じような勉強をして受験しても一握りの人しか合格しないんです。

ですから、過去問だけでやっていても合格しないんではないかと不安です。・・・・

宅建勉強法は、独学、通信教育、宅 建 学校 等いろいろ考えられますが、どの学習法にも過去問題が必須となります。よって学ぶ内容はさほど変わらないということです。

どのような勉強方法でも学習パターンは、・・テキストを読む・・過去問題を解く方法は変わらないのです。
ということは、受験生はほぼ同じようなレベルで試験に臨むことになります。

宅建試験の勉強方法ですが、宅建業法と法令上の制限は、満点を目指して、勉強する必要があります。

出題、範囲が決まっていて、出題数が多いので、得点しやすい科目になっています。

それに比べ権利関係は、奥が深く基本問題に重点を置い手て十分に理解しないと得点にはなりません。ですから、宅建勉強の方法は、一気に進むのでなく理解をしながら何回もテキストを読み返すことです。、落ち着いて宅建業法から勉強を始めるのが王道かと思います。