宅建資格を取る目的とは

宅建士資格は仕事にも生活にも活かせる資格

宅建資格は不動産会社は基本的に事務職というより営業職がつよいです。
事務職がいいということであれば、経理系の資格、Office系の資格の方がいいような気がしますが。

就活時点で、宅建資格があるかないかですが、20代はなくてもかまわないけど30代以上は取得済みの人が選考で通ってますね。

ちなみにあくまでも経験者は上記限りではありません。
つまり、経験がなくても、コミュニケーション能力をアピールして頂き宅建がある事を伝えていただければ、厳しくはないと思いますよ。

ちなみに、宅建勉強方法ですが、法律の勉強があるのでまったく初めてであるなら、通信教育などを受けてみるといいです。

あと、宅建資格をとったら就職しやすい・・という意味ではあてはまりにくいかもしれません。

宅建は国家資格の中でも比較的取りやすい位置にある資格です。同じように考えている方が大勢いらっしゃるということです

不動産業界に興味があるというのが先にくるのであれば宅建試験はぜひとも挑戦していただきたいとおもいますが、とにかく就職に有利・・っていう資格では現在ないと思ってます。

宅建の知識を身につけることで、未然にトラブルを防ぐことができます。格安物件だから、と何も知らずに契約すると法律の規制があり、思うように建物が建てられなかったり、などというトラブルが予想されます。

家を借りたり、購入した方は、「宅地建物取引士証」を提示され、説明を受けた上で契約したかと思います。宅地建物取引主任者は、不動産に関する判断材料を提供し、重要事項説明書および契約書に記名、押印することが主な業務となります。

試験内容から、司法書士、マンション管理士など他の資格へのステップアップともなる資格です。社会復帰をめざす主婦に人気があり、地域に密着した不動産会社などに就職を考えている方にオススメの資格です。

不動産業界への就職や転職に有利なほか、金融機関などにも有利なようです。
事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められているので、不動産業界では必須資格。

試験形式が4つの選択肢の中から1つの正解肢を選ぶ 「四肢択一」形式のため、比較的受験しやすいと思います。

試験に受験資格はなく、年1回10月頃に行われ、合格率は15%前後。

宅建資格取の取得目的をはっきりと設定しましょう。

宅建資格 ・・・取得する目的を明確にしておきましょう。

※このサイトは、高卒の学力で宅建試験に合格する独学勉強法となっています。

・知識向上のため
・仕事に役立てたい
・自分の能力証明のため
・就職・転職に有利
・独立できるから
・昇級・昇格のため

特に独学は、モチベーションの維持を自分でしなければなりません。
やめるのは簡単です。しかし、多くの受験者は、次に勉強しようとしてもなかなか身がはいらなくなりあきらめてしまうケースが多くみられます。

次に、宅建学校を選択したケース、「学校には行ったんだから絶対に合格できる。」なんて、錯覚をしてしまいます。宅建の学校へ通っていても合格できない受験者もいるのです。

ただ、高いお金を払っている分独学よりも維持ができるのは確かです。
どちらにせよ、勉強の意欲が落ちないようにコントロールすることが一番大切です。

一番重要なことは、勉強を始める前に「宅建で合格したら何をしたい。」のか、しっかりとした目標を立てることです。

いろいろあると思いますが、一つ決めたら合格するまで「こうしたい」と硬い決断をすることです。初心者の方にとっては、これがけっこう重要なんですよ。
なぜか?

勉強を進めていくうえで、何回も挫折しかかったときにこれを見ると、案外気持ちがリセットされモチベーションが維持できるんですよ。スマホや手帳の一番目立つところに書き込んでください。

スマホなんか電源いれるなり「宅建合格して・転職」なんて出てきたら、気持ちが引き締まり「今日もエンジン全開」毎日、「自分が合格したときの姿をイメージ」しながら、スマホを見たり、手帳に書いた目標を見ることでモチベーションを維持しましょう。

宅建に合格したら「自分はこういうするんだ」何てイメージしたら楽しいと思いませんか。