宅建試験の出題範囲 




 宅建試験の出題範囲

【宅建士試験出題科目のポイントと出題数】
宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習の重要ポイント
宅建試験は50問で四肢択一式による筆記試験です。
※注・宅 建 の5点 免除 登録 講習は45問になっています。

 《権利関係:14問》15~22

民法は、借地借家法 、建物区分所有法、不動産登記法 など出題範囲は広い
宅建試験はここ数年、民法・借地借家法・区分所有法・不動産登記法という権利分野の問題が難しくなってきました。これは、しっかりと、過去問題分析をすれば分かります。ただ過去問題を5年分り10年分やるだけでそれと全く同じ問題が出ると言うとほとんど出なくなってきています。
ですから、過去問題中心の学習を進めるというのが多いと思います。はっきり言ってしまえば、宅建試験の権利関係に関しては、過去問題は行ってもあまり意味がないということになります。
使い方を誤って、丸暗記一本勝負で望まれるかたは過去問題集はほとんど役に立ちません。
ただ、過去問題を素材に、売る人買う人の立場に立って「こう考えればこういう結論が導かれるではないか。」とか、賃貸借借地であれば、土地建物を借りる立場にになって考えれば「こうなるんじゃないか」というように考えるような、トレーニング素材として過去問題を使っていけば効果があります。
では、権利関係ズバリ大事な点を申し上げます。
権利関係で必ず学習しておかなければならないのは、代理・相続・賃貸借・借地借家法。ここは、ほぼ確実に出題されてくるテーマです。後は、「事前準備しておけば一点は取れる」そういうテーマになります。
おすすめのテーマに毎年、必ず出る抵当権・区分所有法・不動産登記あります。
実際の本試験では、得点しにくい幅広いところから出題されています。
それは、優先的に少し下げて良いかと思います。
他のテーマは、出たり出なかったりするわけですから、それは、学習できる時間の相談ということになります。

代理・相続・借地借家は、ほぼ100%出題されます。これは、得点の取りやすいテーマですから優先して学習進めましょう。
宅建試験は、どこで合格点を稼いで行けばいいのでしょうか。
法令上の制限・都市計画法や建築基準法・農地法・宅地造成等規制法・土地区画整理法・諸方例。など、いろんな分野から出てくる法令制限、これが今の宅建試験の最も重要なテーマになります。
実際にデータを分析していきますと、法令上の制限で高得点を取っていられる方は合格しやすいです。
しかし、多くの受験生は、法令上の制限を身勝手としてしまいます。
なぜか それは、難しい用語がいっぱい出てきます。しかも、多くの市販の書籍では具体的にどのような場面の話なのか分かりやすく説明されていません。
だから、よく分からずに過去問題集を繰り返して、わけがわからないのに覚えるまで、我慢大会の過去問の使い方をしてしまうということです。
よって、法令上の制限が苦手になってしまう方がいます。
しかし、今の法令上の制限はしっかりと理解して、わかれば簡単に点が取れるものばかりです。
1. 権利能力...
制限能力・相手方の保護..
抵当権
抵当権の性質 ・抵当権(果実・附加一体物)
順位の譲渡・順位の放棄・抵当権の流用…
相続
相続人・法定相続分・…
明け渡し請求の可否,使用貸借の推認,胎児の相続権,…
賃借権・借地借家法
借地権の対抗要件・借地権譲渡…
借家権 転貸借・借地上の建物賃貸借…
借地権
建物賃貸借契約の法定更新…・定期借地権
建物の賃借権
借家権 敷金関係の承継・取壊し予定の建物の賃貸借…
・区分所有法
不動産登記法
・登記・登記と第三者  ポイント
区分所有法… ・敷地利用権
・専有部分と共用部分・集会
意志表示… 取消
・心裡留保 ・虚偽表示 ・錯誤
意思表示の基本問題…
10代理
・表見代理・無権代理行為の追認…
11売買
他人物売買・代金支払拒絶権・
12債務不履行・危険負担..その2
危険負担..
13解除
解除権の行使と損害賠償,解約手付による解除…
14多数当事者の債務関係
連帯債務…連帯保証
15時効
消滅時効. 時効の中断
16不動産物件の対抗要件.
取消・解除後の第3者.
17共有
持分  共有物の管理
18請負
請負人の担保責任.
19委任・贈与
委任者・受任者の義務.
20弁済・相殺・債権譲渡
相殺の要件・第三者の弁済.
21不法行為
工作物責任・使用者責任..

 ・《宅建業法:20問出題》1~14

宅建業法とは、不動産取引における弱者である買主や借主の保護を目的に定められた民法の特別法で、強者である不動産業者に適用される法律です。
———————————————————————————
・宅建試験の攻略のテーマ宅建業法になります。
———————————————————————————
宅建試験の重要ポイントは過去問題にほぼ網羅されています。
ただし、過去問題集をやみくもにやっても、ごちゃごちゃの知識でバラバラに頭に中に入ってきてしまいます。それではなかなか覚えられません。
まずは、わかりやすいテキスト参考書でしっかりと、どういうテーマの話なのか理解をしてください。
そして、理解をしたら、過去問題に繰り返して出題されている重要ポイントを表とか図を用いて整理してください。
その上で、図表を見ながら過去問題集を解くようにすると学習効果がぐっと上がります。
———————————————————————————
重要なポイントをまとめます。宅建 勉強方法
———————————————————————————
法令・税・宅建業法ですけども、今の宅建試験で勝負分野になってくるこの三つ。
いきなり丸暗記しては駄目です。
どうしたらいいかと申しますと、まずしっかりと理解をすること。
理解した上で重要ポイントを図とか表で整理をすること。
そして、整理できたことをしっかりと問題集を使って問題を解きながら理解を深めていく。このプロセスがとても大事になってきます。
1.業務上の規制
2.重要事項の説明
3.媒介(代理)契約規制
8種類規制
・クーリングオフ
害賠償額の予定等の制限
・手付の性質と額の制限等
自己の所有に属さない宅地建物の売買契約締結の制限
手付金等の保全措置
割賦販売特約の解除等の制限
・所有権留保などの禁止
・瑕疵担保責任の特約制限
4.37条書面の交付
・37条書面の交付その2
5.広告規制の制限
6.報酬規制
7.取引士制度
8.免許制度
9.案内書等の設置
10.営業保証金制度
11.弁済業務保証金
12.監督
13.罰則

 ・《法律上の制限:8問》23~25

都市計画法 建築基準法 国土利用計画法 農地法 土地区画整理法 宅地造成等規制法・諸法令 主に「暗記」や「語呂合わせ」を中心に学習するといいでしょう。
宅建勉強で受験勉強が嫌になってしまう。つまずきがいくつもあると思いますが、特に法令上の制限、都市計画法や建築基準法、数字いっぱい出てくるし覚えきれないですよということになります。
まず覚えるということに意識がいってしまっていることが誤りです。
都市計画法や建築基準法はどこの国のルールですか?
日本ですよね。つまり、生きた素材が身の回りにたくさんあるですからわかりやすいはずです。
宅建の書籍はいろいろありまして、漫画の本もあります。 いろんな出版社からも、5種類以上そろっていますので手にとってみてください。しかし、マンガ本をいくら読んで合格できると言う話ではありません。
あくまでも、理解を支えるイメージを作ってちゃんとわかるための補助教材としてとしてご留意いただければなと思います。

法令上の制限(全範囲)
1.農地法
2.都市計画法(開発許可)
3.都市計画法(都市計画の内容・決定等)
4.都市計画法(都市区画制限)
5.宅地造成等規制法
6.国土利用計画法
7.建築基準法(建築確認等)
8.建築基準法(建ぺい率・容積率)
9.建築基準法(用途制限)
10.土地区画整理法

 《税金・その他の法令:8問》46~50

国税は、所得税、印紙税、登録免許税等です。 地方税は、不動産取得税と固定資産税です。•不動産の鑑定評価 • 地価公示法 税・その他は出ても3~4問でます。
税金
これは、近年の宅建試験の重要度が高まっているように認識しています。
税は、今の試験では捨ててはいけません。しっかりと基本を理解して、何のために用意された税なのか、その税の制度の仕組みを理解すれば、過去問題を合わせて解くことでほぼ確実に点が取れます。
ぜひ得点源としておいていただきたい。
1.地価公示法
2.不動産取得税
3固定資産税 地方税
・課税標準
4.所得税
5.住宅金融支援機構法
6.印紙税
7.登録免許税
8.不動産鑑定評価基準
9.土地・建物

 5問免除 という分野があります。

5問免除という分野は、登録講習と言う講習を修了すると、「5問分受けなくていいよ」と言う部分です。
一般の受験される方は50問試験。
宅建業で仕事をしていて、5問免除講習を修了した方は45問受験ということになります。
一般受験、50問受験をされる方にとって最も重要なのは統計です。
実は、この統計は宅建試験の最も解きやすいテーマです。
何とか白書、何とか白書、と言って、毎年ここが出ますよ。
出るところは決まっいて、数字はちょっとでも変わったら 「×」
なんとか白書に書かれている数字であれば 「〇」
ということになるわけですから準備しやすいわけです。
しっかりとデータ分析、過去問題分析をして、「今年はここが出ますよ」
という適切な資料を学習の素材としていただければ10分で1点取れます。
ここは「優れた情報を持つ者が勝つ」情報戦となっています。

⇒メニユーへ戻る

新着記事

宅建試験勉強 5月までにやること

 宅建試験対策 5月から今何をすべきなのか。 今回は、ある宅建の勉強をある程度勉 ...

宅建の勉強はどんな方法でやってますか?

今、宅建の勉強をしています 今のところ参考書などを読んで問題を解いたりしています ...

宅建試験に出る地価公示法について

地価公示法 地価公示法についてポイントを学習しましょう。 まず地価公示法とは、ど ...

宅建攻略-民法本論 時効の中断

時効の中断とは何なのか。 消滅時効 債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消 ...

宅建攻略H18-43 報酬 宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説 ★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消 ...

宅建攻略–広告契約時期の制限

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説 宅地建物取引業者Aの業務に関す ...

宅建を取るなら目標を決めて勉強したほうがいいと思います

宅建合格者・初心者様の体験談 宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なこ ...

宅建攻略—37条書面の契約書 

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説 宅建業法の37条書面の契約事項の任意的 ...

宅建攻略—不動産取得税のポイント

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。 宅建試験における不動 ...

宅建攻略—国土利用計画法 の重要ポイント

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。   さて、 ...