今年初めて宅建に挑戦します 勉強方法がわかりません。




初めて宅建の勉強を独学で始めようと思っている方は、何から手をつけたらいいのか分からないと思います。どんなテキストがいいのか、過去問はどのように使っていいのかという問題です。

過去問が一番大事だということはおわかりですが、いきなり過去問からやっても用語が理解できなかったりしてあまり効率的ではありません。そこで、実際に、どのような勉強方法で合格したのか紹介します。

テキストは宅建士の教科書と、宅建士の問題集と過去問12年分の三冊用意しました。

宅建業法の建築基準法、といったように単元ごとに勉強します。まず理解することです。

暗記は後回しでいいと思います。

教科書だけではわからない時はYouTubeなどで、専門の講師が解説していますので、フル活用します。

その項目の問題を数多くとことにより、あらゆる事例を理解することができます。

ネットなどを活用して、一問一答で確実にその項目を理解していきます。新しい項目に進むとともに理解した分は常に繰り返して勉強しましょう。

だいたい項目終わったら、時間を計って過去問をやってみてください。自分の実力が把握できるとともに、弱点がわかります。そこはさらに詳しく、覚えなければならない、数字を暗記をしていきます。

全く知識なく始める場合は、4月から始め、3ヶ月は勉強と暗記を併用し、7月から時間を計った過去問中心に進めると効率的です。