平成22年度(2010)宅建試験合格点と合格ラインは?

平成22年度の宅建合格ラインはどんな感じでしょうか?

毎月20日に発売される、東京法経学院の「不動産法律セミナー」という雑誌をご存知でしょうか。多くの受験生を苦しませる、権利関係(民法)は、難問が複数見られたようで、宅建試験の得点源の宅建業法分野は、正答率が低い個数問題や組合せ問題が多数出題されたようですね。

組み合わせ問題に対応が出来ていれば去年よりも下がるようには思えないとのこと。
平成22年度の宅建試験合格ラインは、前後予想を掲げた学校陣は的中していました。

※10月29日PMの時点、受験生データを分析して、後日修正の可能性あり梶原塾田中講師  35or36点

平成20年209,40133,94616.21%33
平成21年195,51534,91817.86%33
平成22年186,542