宅建試験を合格するための攻略方法ありますか?

宅建試験に合格するために

不動産業界とは全く関係のない仕事に就いている方でも毎年多くの方が宅建試験に挑戦されてます。
いい歳になり、将来不安にかられたことと、第二の人生の生きがいを求め、何か資格を取得しておこうと、宅建を受験された方のお話をききました。

「民法や宅建業法、借地借家法、不動産登記法、建築基準法、区分所有法の問題は宅建試験では比較的スムーズに解答することができました。」ということでした。

宅建試験の学習や受験して合格された方は、“基本をしっかり押さえていれば合格できる”試験だというご意見が大半を占めておりました。

記憶すべきことは記憶すること。記憶とは必ず薄れ、消えていくもの。従って、一度記憶したことを忘れていないかどうか繰り返し確認すること。そして試験直前になればなるほど確認を頻繁に行うことです。

宅建試験攻略法

過去問を解いてみてどのような法令からどのような出題がされているのか傾向をつかむことです。

◎宅建業法の攻略法

・完全に暗記科目であり、条文数も少ないので、とにかく憶えて過去を解くこと。
引っ掛け問題が多いので解答方法をしっかりマスターしておくこと。
宅建業法は満点を目標にしてください。民法が苦手な人は、宅建業法で取りこぼすと完全に不合格となってしまいます。

◎法令上の制限の攻略法

都市計画法や建築基準法、区画整理法、農地法など記憶すべきポイントはしっかり記憶すること。いったん記憶したつもりでも、暫くすると色んな法令が頭の中でごちゃ混ぜになることもあるので、試験直前は頻繁に記憶の整理をすること。数字の魔術にかからぬよう注意!!

◎民法の攻略法

全く民法をはじめて学習する人にはちょっと手ごわい科目。出題数が多いことから、合格のためには民法で最低3分の2くらいの正解が必要でとなります。出題されるポイントは決まっているので、過去に出題された内容についてはしっかり学習することです。

◎税・その他の攻略法

不動産取得税、固定資産税などの基本と過去問題はしっかり学習しておくこと。他の税関係については、基本項目以外にあまり深入りし時間をとらないこと。

◎5問免除の攻略法

主な業務内容の学習で十分。景品表示法については、非常に簡単であるので取りこぼしはしてはいけません。
これから受験しようという方々に宅建試験攻略法を公開しますので参考にしていただければ良いかと思います。

 

宅建試験合格したい”という気持ちをしっかり持つこと。

今年だめなら来年また受験すればいいや、なんて気持ちでは永遠に失敗を繰り返してしまいます。合格するためには、遊びや飲み会の邪念に打ち勝つ強い気持ちが必要です。

・ 宅建は、

独学にしても資格の学校のお世話になるにしても、あれこれとテキストを買いあさらないで合格するまで使い切ることがポイントです。

・ テキストの内容には大差はありません

一冊のテキストに、疑問に対する補足などを書き加えていき、自分なりのテキストに仕上げていくと良いのです。

効率的学習という意味では、

独学はお勧めしません。独学はある程度基本学習が終了した人がするといいでしょう。

独学の弱点は

ポイントがつかめないこと、宅建試験で出題されるところは決まっているのです。余分なところまで手をつけて時間だけが過ぎて行く。又、間違ったまま記憶してしまうとなかなか修正できません。

ポイントの押さえどころ

近年の出題傾向を知るには資格の学校を利用したほうが良いと思います。資格の学校はいろいろありますが、基本と応用だけわ教えるところが一般的ですが、解答方法を教えてくれる学校を選びましょう。

・宅建試験問題は

1問 2分程度で解答を出していかなければならない過酷な試験なのです。

セミナーなどで高い月謝払って基本と応用だけ学ぶのであれば独学で十分です

過去問題集は納得行くまで解いてみること。

宅建試験問題には独特の言い回しや引っ掛けがありますから、問題慣れは絶対に必要です。
又、、問題を解いて正解して解説も読んで理解を固めることが重要です。

ということは、過去問題集を購入の際には解答の解説がわかりやすく充実したものを選ぶのが大切です。