宅建試験 | 宅建学習日記

宅建試験

宅建試験を2ヶ月で合格できた方のお話を聞きたいのですが?

宅建試験の勉強を一日当たり6時間して、宅建試験に合格したということです。

なんで、2ヶ月で宅建試験に合格できたのか原因を探ってみましょう。
まず、無料のテキストを全て印刷したそうです。勉強の仕方も、インターネットで入手したそうです。
その方は、それを見て実践して合格したということです。

普通に動画を見たりホームページを見たりして、勉強してもつかみどころがないですね。
そこで、この方はこんな方法で勉強したそうです。

「関連性のあるものをつなげて覚える」と、言うことに感銘し実際に実行したそうです。この方は、関連付けて覚えると言うこれを自分なりに、具体的なプランに落とし込んで勉強して行ったわけです。

結果、宅建試験に合格しましたが、多くの方ですと、これだけでは具体的ではありません。ですから、全くこれではわからないわけですね。

具体的に、自分でできる方であれば、これをすれば合格できてしまいます。しかし、多くの方は、具体
的にはできませんし、やっぱり考えながら勉強しないと宅建試験に合格できないんですね。

この方が宅建試験に合格できた。大きな原因というのは、気づく・変える・続ける。
この三つのステップを踏んでいるわけですね。

一番最初に気づく。
これは、宅建試験の勉強の仕方に間違っていることに気づくということです。
この勉強の仕方が行けるな。そういうことに気づくということが重要です。

この方は、9月から勉強を始めているので、そもそも勉強してないんですよ。
だから、今までの勉強の仕方はありませんので、すんなり関連付けて覚えるということに抵抗なく入ったわけですね。

でも、多くの方は、今まで勉強しているわけですね。
そうすると、今までの勉強の仕方というのを一番最初に変えるということをしなくてはいけません。

自分の勉強の仕方では、「まずいんだよ」ということに気づくということです。
気づいた上で、それを変えていかなきゃいけません。そうすると、人というのは、習慣で生きる動物ですから、習慣を変えることを人って非常に嫌いますよね。

例えば、毎日8時に起きていると、8時に起きている方が7時に起きようときついわけですね。
12時に食事をとっている方は、それを2時に食事をとるとします。

なんか、お腹がすいて我慢ができない。とか集中できないとかということになってきます。それを変えるということは、非常に難しい。しかし、この2ヶ月で合格した方がすんなり入ったわけですね。

気づいて変えなきゃいけません。そしてこれを続けなくてはいけません。
信じて続けるということが大事です。多くの方は勉強したらすぐ成果が上がると思っているんです。
そんなことはないですよ。すぐ成果が上がったらみんな合格してしまいます。そんなこそはないんです。

最初は、不安になると思います。「これでいけると、」合格者の方もやっています。それを信じて成果の上がらないことがありますが、それを信じて続けるということが非常に重要です。

問題は、これにくっつけて、覚えてく。これと対比しましょうとか。これと、これは、こうですよね。こっちはこうなんですね。だから、注意してくださいね。とか、そういったところを中心に勉強するわけです。

そうすることで、ここが重要なんだと理解しながら宅建試験の勉強できるんですね。そうすると、必然的に成果が上がってきます。ちゃんと勉強すれば成果が上がる。これは、当たり前なんですよね。
ちゃんと勉強すれば実力は上がる。ちゃんとした勉強をしていないと実力はつかない。

これは、当たり前なんですよね。
それで、早く気づいて変えて実行していく。それを続ける。
これを是非やっていただきたいと思います。
独学でできる方は、それをすぐにやってみてください。


宅建試験攻略法 これで宅建試験に合格しましよう!!


宅建試験の勉強法 は、今後の学習方法と、試験問題解答に役立ちます。

宅建 勉強法 です、これだけ押さえましょう!!

従来の宅建試験の合格率は15%。
宅建試験の受験者数は、20万人前後あります。
例えば、受験者数20万人であれば、3万人の合格者になります。という難関資格になっています。
従来の宅建試験は合格する試験でした。
「宅建試験なんて独学で簡単に受かる試験なんですね。」
そのように見られていました。
今の形式は難しいです。

年々書店で売っているテキストや問題集は、クオリティや質が上がりました。
また、大手スクールや通信教材などのクオリティも上がってきました。
今の宅建試験は、それなりに高得点を取って行かなければ合格点に届かない。
そういう資格試験になっています。
ある程度、一生懸命勉強しても、あと1、2点、3点足りずになかなか合格できないという方も多い試験です。
そこで、宅建試験はまず難しい試験だと言うということを知っておきましょう。
皆さんが、宅建試験の勉強をするのに目的がありますか?
趣味で始めたのか。
あるいは、国家資格を取るために勉強を始めたのか。
どちらかというのが大事になってきます。当然趣味ではなく国家資格を取るために学んでいるのではないでしょうか。

勉強を始めるにあたり、ほとんどの宅建受験生は、テキストや問題集を1ページ目から順々に開いて行って読んで行きます。
順番にやらなきゃ気が済まないということです。書籍というものは、どうしても順番通りに書かなくてはいけないという制約があったりします。
「1ページ目から読むことで本当に合格するんですか ?」
宅建試験で合格点を取るための宅建試験攻略法とは?

 

・宅建試験でよく出るところ。
・宅建試験で得点を取りやすい。
そういうテーマから学んで行けばいいはずです。
このところをしっかり意識して学習を進めましょう。

皆さんの学習は、合格のための学習でなくてはなりません。では、合格のための学習を進めるためには、どのようなところに気をつけて行けば、良いでしょうか。
宅建試験の問題は、
権利関係、法令上の制限、税、宅建業法、統計などの5問。
一定の報酬をしたものには免除される、5問免除というテーマがあります。
このテーマの中から宅建試験の問題が出題されます。
合格するために必ず学んで行かなければならないテーマ。
合格のためには、後回しにしてもいい。
場合によっては、「本試験までに間に合わなかったら勉強できなくてもしょうがない。」というテーマが存在します。
宅建試験はこれで合格!! 頑張って勉強しましょう。

宅建試験の勉強法に関しての質問です


宅建試験の方法はサイクルを作ってくださいね

宅建試験の強法のポイントは、まず、テキストを一区切りするところまで(たとえば「民法総則」で一区切り。
目次の章単位が適当かもしれません)通読して下さい。わからないところがあるかもしれませんが、一度読みきります。

最初に通読したときよりわかりやすくなっているはずです。それでもわからないことがあると思いますけど、粘りすぎず次の区切りに進んでしまいます。

宅建試験のポイントは、一区切りごとに問題集を解くを繰り返し、「権利関係(民法)」が終わったら過去問題の「権利関係(民法)」を全部一気に解きなおします(2回目)。ここでも解説を読んでください。わからなければテキストに戻って下さい。

講師の方がアドバイスしてくれたように、以上の4つを飛ばして勉強してもよろしいのでしょうか??それとも、私が行おうとしている勉強法がよろしいのでしょうか?②現在、行っている勉強法なのですが、講座で配布された過去問(単元ごとの。宅建の勉強法に関しまして・・・。

また、その他のアドバイスをいただけたらなおうれしく思います。間違えた勉強方法はしたくありません。例えば法令上の制限の10年分の過去問が入ったテキスト。
正直、自分の学習方法が正しいのかが分かりません。お力添えください。皆様のお力をお貸しください。以上、2つの質問です。今年初めての受験で、今年一発で受かりたいと思っております。

宅建試の勉強は目標を維持することがが大切

宅建試験の勉強は、長時間じっくり勉強するよりも、少しずつ早い復習を繰り返したほうがはるかに効率的です。宅建の勉強は、時間をかけて考えてもダメなものはダメ、時間の無駄となります。

実は、目標を達成するための一番の弊害は「目標を忘れてしまうこと」なのです。目標の書き方が大切なので、チェックしてみてください。あなたは、今年の初めに立てた目標を言えるでしょうか?

忘れてしまっている人がほとんどだと思います。『サボりたい気持ちには、合格した自分をイメージして打ち克つ!』きっとあなたは「宅建に合格して○○になる」という目標があると思います。

さて、がんばる決意は固まりましたでしょうか?「絶対宅建合格する為にがんばるぞ!」と決意した前向きなあなたに、こんな言葉をプレゼントさせてください。また、何度も連続して答えが解らない問題は、基本から出直すのも一法です。

宅建の勉強で、特にパソコン教材で宅建試験の勉強は要注意です。毎回同じ問題に集中して、テキストの関連部分や問題の解答を繰り返し眺めているだけ。勉強をしたつもりになってしまうことです。

しかし、そこで答えを考える必要はありません。「なんだ、それだけ?」という声が聞こえてきそうですが、そう、たったのそれだけです。必死に正解を考えることが当然だと思っている方も多いかと思いますが、宅建の勉強は、それは間違いです。完全に理解した問題の応用を繰り返し解くのです。


宅建試験の勉強方法 テキストの使い方について。


宅建のテキスト、参考書、それから問題集、多くの受験生の方はこれを用意すると思います。
今インターネットで見ますと、宅建試験の過去問題は無料で提供されています。
私の意見としては、紙の教材を使った方がいいと思います。
デジタル情報というのは、記憶に残りにくく人間の集中力記憶力はちょっと下がるらしいんですね。
その関係で、同じ学習するのであれば、紙の書籍などを用意して学習された方が良いではないかと思います。

特に、過去問題その時にちょっと注意しておいてください。

テキスト、参考書を読んで理解します。
1章とか1項とか、一つのテーマを勉強したら、そのテーマの対応する4択問題とか一問一答の問題を解くのがいいと思います。

1回読んで1回問題を解いて終わって、次のテーマへ進んのではなくて、もう1回同じテーマを繰り返すということが大事です。

・宅建のテキストを読んで問題を解く。
・宅建のテキストを読んで問題を解く。

この繰り返しの作業がとても重要になってきます。

最初は解けなくてもいいです。最初はテキスト・宅建試験の参考書を開きながら問題を解いてみてください。
とにかく理解することを大切にして、整理することを大切にして繰り返し、繰り返し学習してください。
なぜ繰り返しが大事だと言うと、人間は一度見たり聞いたりしたことを基本的には、たった1日で74%は忘れると言う有名なお話があります。
1回読んだだけでは、どんどん抜けていってしまいますね。
「私覚えることが苦手なんだけど」という方ご安心ください。
これ普通です。
1回見たもの忘れるのが普通です。
それでは「どうしたらいいか」と言いますと、
それを前提に、「繰り返さないと忘れるから繰り返すんですね。」一日たって忘れたらまた繰り返します。
また忘れたら、それを1日後とか1週間後とかに、何回も何回も繰り返してだんだん定着させていく。
この繰り返しの作業が4回・5回と、感覚的に4・5回以上になってきますと、脳が「重要な情報」というように認識してくれますから忘れにくくなる。
という脳のメカニズムがあります。繰り返すことが大事ということになります。

ここでアドバイスなんですけども、
「分かってないことを繰り返すなんて楽しいですか? 」
きついですよね。

分かってないで繰り返すのは、我慢大会の罰ゲームなんですよ。
だから、最初に理解し整理してちゃんと分かっておくことが大事です。

分かっていることは、それだけでも忘れにくくなるのです。
宅建試験の勉強していて楽しんで、具体的な場面や身近な場面などを思い浮かべ、ちゃんと理解した上で繰り返しを行っていただければと思います。
———————————————————————————
理解・整理するためのおすすめの教材は、ないんですかということですね。
———————————————————————————
ちゃんと繰り返したくなるような良いものがないと、やる気がなくなっちゃいますよね。

最後に、宅建試験は難関です。
本気でやれば必ず合格できる試験です。
本気で合格のための学習ができれば必ず合格できる試験です。
一緒に頑張ってことしの宅建試験に合格しましょう。


宅建試験に速読解答は有効?


宅建試験の学習進んでいますか?
あなたには速読を練習していただきたいのです。
速読なんてあなたは不思議に思いませんが?

実は、国家試験受験には速読は欠かせないものになっています。
初めて宅建試験を受験された方の多くの方が「時間が足りなくてできなかった」というような意見をお聞きします。

1問を2分程度で解答を出していかないと120分ではたりなくなってしまいますよね。初めての人は1問3分程度かかるのが平均的です。そうすると単純に150分かかりますから当然時間が足りなくなります。

ではためしにこの問題を時間を計って読んでみてください。

【問34】 次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。
1 宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に金銭の授受があるときは、その額及び授受の目的について、法第35条に 規定する重要事項を記載した書面に記載しているのであれば、法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に記載す る必要はない。

2 宅地建物取引業者が区分所有建物の貸借の媒介を行う場合、損害賠償の予定又は違約金に関する特約の内容について、37条書面に記載する必要はないが、売買の媒介を行う場合は、当該内容について37条書面に記載する必要がある。

3 土地付建物の売買契約において、買主が金融機関から住宅ローンの承認を得られなかったときは契約を無条件で解除できるという取り決 めがある場合、当該売買の媒介を行う宅地建物取引業者は、自ら住宅ローンのあっせんをする予定がなくても、37条書面にその取り決めの内容を記載する必要 がある。

4 宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業者でないBから建物の売却の依頼を受け、AとBとの間で専属専任媒介契約を締結した場合、Aが探索した相手方以外の者とBとの間で売買契約締結したときの措置について、AとBとの間で取り決めがなければ、Aは法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載する必要はない。

1分以内で読めましたか?
1分で解答出せましたか?
宅建試験はこれを50問120分以内で解答しなければなりません。当然ご記入等の見直しもこの時間内にしなければなりません。

迷っているとどんどん時間がなくなっていきますよ。
これを速読を使うと数秒で読み取ることができますし早ければ1分程度で解答できることもできます。

え~うそ~  なんて思ったりすると思いますが。はじめての人でもある程度練習すれば1分以内で見ることができます??
速読は一字一句読み取るのではなく、見るという感覚なのです。
では、速読は、どうすればできるようになるのか?

私の経験から申し上げましょう。速読の本を購入して練習したとしますと、100のうち5くらいの割合の習得しかできません。なぜか?
速読とは、そもそも単純な方法で練習するものですから練習用教材がないとあまり意味がないのです。

右脳がなんだ?左脳がなんだ?そんなことはどうでもいいのです。ひたすら単純に訓練することがたいせつなのです。購読本は理屈ばかりで結局速読とはなんだ?

という意味はよくわかりますがその先がないのです。
速読の練習は、同じ記号や、数字を何百ペーシも見る。目の運動練習。記憶力の練習を何時間もする。

いろいろなパーツに分かれていてこれらの総合的なものの集まりが速読という動作になってくるのです。
速読は、一字一句読んで記憶するのではありません。カメラのレンズがあなたの目で、脳が記憶媒体。

文字を写真をとるようにパッパッとみて脳に焼き付ける・・
あなたは目をつむってお友達の姿を思い出してください、とくに顔なんかは鮮明に頭の中で思いうかべる事が出来ますよね。速読はこんな感じで頭の中に焼き付けられたテキストがそのまんま浮かび上がってくるのです。
ここまで行くにはかなりの練習が必要ですが。宅建試験問題を2分以内に解答できればいいのですから。この水準になったら学習を始めていいと思います。

あなたが、速読を3カ月習得したとします。
どんなことができるでしょう。本なんかは数分で1冊読み切ってしまいます。

頭の中はどんな感じかと申しますと。人によっては個人差がありますからその人に聞いてみなければわかりません。私の場合は頭の中に宅建のテキストがまるまる入っている感じで、宅建の問題の問いに対するペーシが浮かび上がってくる感じでした。

あなたもこんな感じになるかもしれません。あなたも、宅建の問題を見たときに一瞬に頭の中でその箇所が現れることでしょう。一字一句読むような遅くはありません。
カメラのシャッターを切る感じです。

私の記憶方法は、カメラの重ね撮り見たいな感じです。一度記憶したところは、人はから必ずしも全部正確に覚えきれません。ですから何回も同じところを重ねて記憶することにより記憶度がアップするといあう方法です。

このような方法を使用すれば宅建試験以外にも後半に活用できますからマスターすべきだと私は思います。


→サイト内一覧