宅建とは

宅建とは? 資格の登竜門的な存在-宅建学習日記

宅建本試験の情報は皆さんめちゃめちゃ気になりますよね。この情報を皆さん全部吸収する勢いでご覧ください。宅建物取引士略語「宅建」という言葉を聞いたがあるかもしれませんが、意外に知らない方もいます。

この資格をとるには、実際試験を受けで合格しなければなりません。それには、この試験の内容を知ることが必要です。今一度、宅建資格を知らない方は、今から、実像をしっかりと見て、把握するようにしてください。

宅建とは、不動産業における専門家、エキスパート。不動産業で、5人に1人以上この宅建士という資格を持った人がいないと営業停止になってしまいます。不動産業には非常に高価な財産です。法律では、この国家資格を持った宅建士という人がいないと営業できませんので、不動産業における専門家ということになります。よって、不動産業に勤めている方は持っていないと恥ずかしいぐらいの資格になっています。

また、実務生活に活かせる資格として経営資格の登竜門となっています。特に不動産業で働いてない方で、家やアパートを借りて住んでいる方などは、業者さんにだまされる恐れがありますよね。宅建士の資格をとり宅建の知識を身につけることで、未然にトラブルを防ぐことができます。

たとえば、「格安物件だから」と何も知らずに契約すると法律の規制があり、「思うように建物が建てられない」などというトラブルが予想されます。自分の身を守るという意味でも、この宅建士の資格取得のメリットあるということができます。

宅建試験は、科目の中に権利関係という法律が出てきます。この法律関係は、各種国家試験の中でも試験科目の中で出題されています。法律系の資格の勉強してみようという方にとっても、この宅建資格は、レベル的にも非常に適したものになっています。宅建試験内容から、司法書士、マンション管理士など他の資格へのステップアップともなる資格ですから、資格の登竜門的な存在だということが言えます。社会復帰をめざす主婦の方にも人気があり、地域に密着した不動産会社などに就職を考えている方にも人気のある資格です。。

「宅地建物取引士」の仕事とは?

この資格は宅地や建物の公正な取引ができるように、1958年に建設省が創設した国家資格です。
宅地建物取引士」の代表的な仕事の例としては、賃貸マンションやアパート、土地などを借りる際に、またはマンション、一軒家、土地の購入の際に、 契約の前に重要事項の説明をすることです。

又、重要事項説明書に押印や記名することや、他の契約書への記名や押印を行います。不動産取引を公正に行うのが目的の資格ですが、民法を扱うためで幅広い分野で評価が高いのです。

宅建の試験に合格しただけではこの仕事をすることができません。登録を行っている都道府県知事より、宅建取得者は宅地建物取引士証を発行してもらって業務を執行することが出来ます。

独自で宅地建物取引業を始める場合は、その事務所が所在する都道府県知事から免許をもらう必要がありますし、2つ以上の県に事務所がある場合は、国土交通大臣より免許を発行してもらう必要があります。

宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建業者を設置しなくてはならないと定められています。

大手の不動産企業では全員が必ず持っていて当たり前という風潮がありますが、 中小企業などでは、宅建の資格を持っている方が少なく、 業務拡大を進めるために、宅建試験に合格していれば未経験でもぜひ採用したいという所も少なくありません。

 

宅建士の資格は不動産取引にはなくてはならないものです

宅建士の仕事内容 ・・・・不動産の売買・賃貸の仲介が行われ契約の時に「重要事項の説明」を行います。宅建士の説明で購入者が合意すると、重要事項説明書と契約書記名と捺印をします。

これができるのは、宅建士しかできません。例えば、宅建士の資格をもっていない会社の社長が印鑑を押しても契約は成立しないのです。

つまり、宅建士のいない会社等は宅地建物の取引ができません。当然会社は商売ができなくなってしまいます。会社の運営を左右するくらい重要な仕事をしていることがわかりましたか?

宅建士 仕事内容

(1) 不動産の情報が記された重要事項説明書面と契約書への記名と押印
(2)、宅建業者は取引の相手方等に対して重要事項説明書面の内容の説明をしなければならない。

※ 重要事項説明とは
宅建業法では、契約締結前に不動産業者から購入しょうとする者に対し、建物の物件にかかわる事項や取引条件に関する事項について説明しなければならないと定めています。それが、「重要事項説明」です。

不動産は極めて高額なものですから、人生でそう何度も買い換えたりするようなものではありません。よって、このような不動産取引を日常的に行い、当然ながら専門知識や経験が豊富な不動産業者には、土地建物の購入予定者が知っておくべき重要な事項について説明する責任があるということです。

以上のことから、不動産取引を行う上で宅建士は非常に重要な存在であることがわかります。

(3)契約書面について、宅地建物取引業法(以下、「宅建業法」といいます。)37条に記されていることから、業界では37条書面と呼びますが、この37条書面にも、重要事項説明書面と同様に、宅建士の記名と押印が必要となっています。

宅建試験

宅建試験は非常に人気のある資格であり、最近では毎年20万人以上の方が受験の申込みをします。資格試験は一般的には時代とともに難しくなる傾向にあるのですが宅建は合格率が10年以上15%前後の推移なのでこのレベルまだ当分は続くのではないかと思います。

宅地建物取引士の国家試験に合格して、資格登録をしないと宅建士になることができません。

宅建試験について受験のスケジュールは、若干、毎年変動があります。

受験願書の配布

7月の上旬から始まります。

申し込み方法

二つ方法があります。一つは、郵送で手書きで書いて送る方法です。これは、7月の上旬から下旬が受付期間になっています。もう一つは、インターネットでネット上でも申請ができます。7月上旬から中旬と郵送よりも短くなっています。受験申込書は、10月の上旬頃送られてきます。

本試験

毎年一回です。

本当に、2回でも3回でもやってほしいんですけれども、残念ながら、一回しかありません。

試験・日時

毎年10月の第3日曜日です。開始時間は、午後1時から3時。

合格発表

12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に都道府県ごとに発表します。

試験に合格後

「資格登録」→「取引士証の交付」が必要となります。登録申請時までに実務経験が2年以上必要ですが、すぐに取引士になれる方法として、(財)不動産流通近代化センターが実施する「実務講習」を受けて登録要件を満たすことができます。

Posted by nakasi