宅建攻略–相手方と無権代理人の関係




宅建の勉強で無権代理人の関係をしっかり押さえよう。

無権代理は、宅建の勉強をされている人の中でもつまずきやすい、あまり理解できていない部分です。

原因は、きっちりイメージできていないということでしょう。きっちり無権代理といったものをイメージしていていただくのが一つのポイントです。

まず具体例

・A土地 ・B無権代理人 ・C相手方を出しますが、

Aさん、Bさん、Cさんがいました。Aさんは土地持っていました。Aさんは、この土地をCさんに売ってくださいとBさんに頼んいないのに勝手にCさんに土地を売った場合。

この場合Bさんは無権代理人と言います。契約をした相手方Cさんは相手方と言います。
Aさんを本人といいます。という言葉は、試験の問題視の選択肢の中で出てきますので、まずこれは覚えていただくということになります。

無権代理人が行った契約というものは、有効でもないし、無効でもないんです。テキストでは、無権代理人の行った行為というのは、本人帰属しませんということに書いてあります。つまり、勝手に無権代理人が契約したわけですから、これが本人は有効になってこれを渡さなきゃいけないというのはおかしいことですね。

だから、この契約は、本人には、帰属しませんよということが書いてあります。ちょっと行きすぎたテキストになりますと、無効になるということが書いてあります。単に無権代理人が相手方と契約しましたと言っただけでは、有効でもないし、無効でもない不安定な状態なんだというイメージをしてください。

不安定な状態にあって、それぞれ、今回被害を受けている本人と、相手方が何らかの行動をしたことによって、有効になったり無効になったり気なんですね。不安定な状況ですけども、本人が追認したら契約は有効になる。

追認するということは、後で認めるという意味です。勝手に契約された土地ですけども、もう売っちゃっていいよ。というのが追認言います。Aさんがこの追認権を行使すると、有効でもない無効でもないということが確定的に有効になるということになります。

一方、追認拒絶をすると、「追認しません無効にします」そうすると、有効でもなかった無効でもなかった契約というものが確定的に無効になるわけです。これをイメージしていただきたいですね。