宅建攻略–相手方と無権代理人の関係




無権代理は、宅建の勉強をされている人の中でもつまずきやすい、あまり理解できていない部分です。

原因は、きっちりイメージできていないということでしょう。きっちり無権代理といったものをイメージしていていただくのが一つのポイントです。

まず具体例

・A土地 ・B無権代理人 ・C相手方を出しますが、

Aさん、Bさん、Cさんがいました。Aさんは土地持っていました。Aさんは、この土地をCさんに売ってくださいとBさんに頼んいないのに勝手にCさんに土地を売った場合。

この場合Bさんは無権代理人と言います。契約をした相手方Cさんは相手方と言います。
Aさんを本人といいます。という言葉は、試験の問題視の選択肢の中で出てきますので、まずこれは覚えていただくということになります。

無権代理人が行った契約というものは、有効でもないし、無効でもないんです。テキストでは、無権代理人の行った行為というのは、本人帰属しませんということに書いてあります。つまり、勝手に無権代理人が契約したわけですから、これが本人は有効になってこれを渡さなきゃいけないというのはおかしいことですね。

だから、この契約は、本人には、帰属しませんよということが書いてあります。ちょっと行きすぎたテキストになりますと、無効になるということが書いてあります。単に無権代理人が相手方と契約しましたと言っただけでは、有効でもないし、無効でもない不安定な状態なんだというイメージをしてください。

不安定な状態にあって、それぞれ、今回被害を受けている本人と、相手方が何らかの行動をしたことによって、有効になったり無効になったり気なんですね。不安定な状況ですけども、本人が追認したら契約は有効になる。

追認するということは、後で認めるという意味です。勝手に契約された土地ですけども、もう売っちゃっていいよ。というのが追認言います。Aさんがこの追認権を行使すると、有効でもない無効でもないということが確定的に有効になるということになります。

一方、追認拒絶をすると、「追認しません無効にします」そうすると、有効でもなかった無効でもなかった契約というものが確定的に無効になるわけです。これをイメージしていただきたいですね。

⇒メニユーへ戻る

新着記事

宅建試験勉強 5月までにやること

 宅建試験対策 5月から今何をすべきなのか。 今回は、ある宅建の勉強をある程度勉 ...

宅建の勉強はどんな方法でやってますか?

今、宅建の勉強をしています 今のところ参考書などを読んで問題を解いたりしています ...

宅建試験に出る地価公示法について

地価公示法 地価公示法についてポイントを学習しましょう。 まず地価公示法とは、ど ...

宅建攻略-民法本論 時効の中断

時効の中断とは何なのか。 消滅時効 債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消 ...

宅建攻略H18-43 報酬 宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説 ★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消 ...

宅建攻略–広告契約時期の制限

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説 宅地建物取引業者Aの業務に関す ...

宅建を取るなら目標を決めて勉強したほうがいいと思います

宅建合格者・初心者様の体験談 宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なこ ...

宅建攻略—37条書面の契約書 

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説 宅建業法の37条書面の契約事項の任意的 ...

宅建攻略—不動産取得税のポイント

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。 宅建試験における不動 ...

宅建攻略—国土利用計画法 の重要ポイント

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。   さて、 ...