宅建勉強の仕方を変えてモチベーションが上げる方法

宅建勉強の仕方が悪いと宅建試験に合格できない。

ここで、一番皆様にお伝えしたいのは、宅建勉強の仕方が悪いと宅建試験に合格できない。
だから、宅建の勉強の仕方を変えないといけないなっていうことで気づいてもらいたいですね。

宅建の勉強を目標をもって続けていると、多くの方が勉強したくなくなってくる。モチベーションが下がってくる方といのが多いと思いますよ。モチベーションが下がることは仕方がないですね。試験まで数ヶ月間勉強しないといけません。

そのなかで数回やる気がなくなってくるっていうのは、人間ですからこれはありますよ。
でも、その回数が多い方は問題ですよね。

勉強の仕方が悪いとモチベーションが下がってくる

その方は間違いなく勉強の仕方が悪い。
だから、勉強の仕方が悪いことに気づいてもらいたいんですよ。
みなさんは、覚える勉強の仕方をしていると思いますよ。
では、どういった勉強をしたらいいかと申しますと理解する勉強をすることです。
たとえば、2×5=10

小学校2年生の暗記するところでみなさんご存じですよね。
しかし、15×14=210となった場合はどうでしょう。
皆さんが宅建の勉強をしていると置き換えた場合、これを覚えてしまうんですよね。
こんなふうに覚えてしまう勉強をしていると、あまりにも覚えることがたくさんになります。すると、学べば学ぶほど勉強が嫌になってしまいます。

覚えることが多すぎることの弊害

覚える量が多すぎで「もう無理じゃないの」と思って、モチベーシヨンが下がってやる気がなくなるということになってしまいます。
皆さんが、今やっている宅建の勉強を見直してください。こんなやり方をしてませんか?
こんなやり方していたらモチベーション下がるのは当たり前なんですよ。
じゃあ、ここがどのように変えていけないのでしょう。

2×5=10.これは覚えるのでいいでしょう。ただ15×14=210となった場合は、どのようにして解答を導いた理由がわかれば、ほかの問題が出ても答えが導けますよね。
ですから、二桁の掛け算を覚えなかったとしても答えを導けるんですよ。
このような方法をやっている方は覚える量が少ないですよね。

スムーズに解答を引き出すために

「解答を導いた理由がわる」と、答えを導けるようになってくるわけなんですよ。
このような勉強をしていると、「解ける」ので学びたくなりますよね。
つまり、ここが重要になってきます。
ですから、ます、この勉強の仕方がまずいということに気づいてもらいたいのです。
そこから第一歩で何をしなければいけないのか?

何もしないで、覚えるだけの学習をやっていても「無駄ですよ」ということですよね。
気づいた方というのは、理解する勉強方法へシフトしていくわけです。
でも、分かっていない方は、分かっていてもまだ覚え続けるのです。
そんなことをしていたら、18×85=1530、48×78=3744となってきた場合どんどん覚えれますか?

覚えれないですよ。
モチベーション下がるのは当たり前なんですよ。
だから合格できなくて当たり前なんですよね。

だから、このままじゃダメだということに気づいてもらって、理解する勉強に変えなきゃいけないな。だどうやって変えて行ったらいいんだろうと考えて一歩踏み出す。
これをぜひやっ手見てください。

さあ!!今年は頑張って宅建に合格しましょう!!