宅建過去問題の重要性とは?

宅建の勉強は、なぜ過去問が中心な理由とは?

宅建試験の勉強をするに当たり誰もが、みんな同じように必ずや宅建過去問題集を手にしているかと思います。過去問集とは、実際の過去の宅建試験を集めた問題集であるため、本試験対策としてなくてはならない教材といえます。確実に合格するには過去問をいかに理解して応用できるかが必須不可欠といえるでしょう。

試験範囲の勉強が絞り込める。

試験範囲が広いため、すべて勉強すると内容がしっかりと理解できません。宅建試験は、「民法を制する者が合格できる」と言われ、宅建は、法律系の資格試験のなかでは難易度はやさしめと言われます。しかしながら、試験範囲が膨大なために難しいといわれています。民法を、幅広く細かいところまでやっていては「民法を制する」ことはできません。

本当に重要なポイントだけ、試験に出るところに集中する必要があります。過去問題集をうまく使いこなせば、効率よく学習することができるでしょう。

 宅建試験の出題形式の把握ができる

宅建試験の出題形式はほとんど決まっています。ですから出題されている項目を把握できますから、ここを重点に学習していけばいいわけです。何年も独学で勉強していて合格できない人の多くは、細かい部分の知識にこだわりすぎて勉強範囲を広くしているような勉強方法を間違えていることが多いのです。過去問を見れば何回も出題されているもの、基本問題から完璧に知識を押さえましょう。よく出る基本問題は絶対に落としてはいけません。

特に、宅建業法の試験に出される基本問題は内容を理解していれば簡単に解答できるものばかりです。過去問の内容を理解して、試験の傾向を知ることで「試験に出るところがわかる」ようになるからです。宅建試験は、自分が宅建士になったときに、ふさわしい能力があるかをチェックする試験です。

宅建試験は「宅建士として働くために必要な知識」が出題されるため、内容が大きく変更されることはありません。宅建試験は、過去問と同じものが出る?同じものは出ませんが、同じょうな、問題が出るわけです。

よく出る問題で、宅建業法であれば35条37条書面・媒介代理・免許基準などでよく同類の問題が出題されます。民法であれば不動産の売買・賃貸に関わる問題などかしゅっ題されています。特に宅建業法は、基本事項以外は聞かれません。宅建業法は宅建士になるための実務のルールであるからです。

過去問集の内容を理解することにより、重要ポイントを把握できるようになるので、テキストの重要なペーシを絞り込むことができ、隅から隅まで読み込む必要がなくなります。集中して勉強できるので何を勉強したのかハッキリわかりますので、メリハリを意識した勉強ができます。

宅建勉強の方向性が定まる

宅建の勉強をするにあたり、思っている以上に勉強時間は確保できないものです。「1日1時間の勉強をしよう」と決めつけてしまうと、なかなか継続できません。思わぬ障害にあたってしまいます。例えば、あなたが会社に勤めている状況であれば、勉強時間に多くの時間を割くのは困難ですね。ただでさえ、仕事で疲れて帰ってきて、勉強しようと思ってもすぐに寝る時間が訪れてしまいます。

残業なんかがあり、同僚とつい一杯なんて日は、まったく勉強できない日もあるでしょう。忙しい日々を過ごしていれば、思ったような勉強が進まないまま、あれよと、試験まであと3ヶ月しかない、1ヶ月しかないといった状況に追い込まれてしまいます。

試験が近づくにつれて、「難しくなる」といった情報が目に入ってきたら「あれも、これもも」と手を付けてしまい、「過去問題集だけでは合格できないのでは?」と不安になります。あらゆる宅建の教材だけが増えていき、少しも手を付けられないまま本試験に挑み、「不合格」という結果になるケースが非常に多いです。

しかし、宅建の過去問題をベースに勉強を進めていれば、短い時間でもすべて勉強に当てられていれば合格できていたかもしれません。勉強の方法を間違えるな」ということです。

宅建試験勉強は勉強時間を確保することが大事といわれますが、それよりも、「短い時間をいかに効率的に使うことができるか」がより大事です。やみくもに宅建勉強しても宅建試験には合格しません。結論としまして、宅建の過去問を中心に学習を進め、宅建の勉強方法を大きく間違えないことです。