宅建合格ライン一覧

平成10年度(1998)~平成15年度(2003)の宅建 合格 ライン

平成15年度の宅建 合格 ラインがきになるところですね。(2003) 今年の宅建 合格 ラインはどのあたりでおちつきますかね。宅建 速報なんかを見ますと7割の正解率というのが宅建試験合格ラインの特徴となってます。 合格点35点前後という表記は 宅建 資格 学校 当たり障りなく表示しているだけですね。

平成4年度(1992)~平成9年度(1997)宅建合格ライン

平成9年度宅地建物取引主任者試験の合格ラインは(1997) さてさて、今年の宅建試験の合格ラインも気になるところ。これじゃあ全員合格か? まずは 前年度の宅建試験の出題箇所をチエックしてみましたよ。 宅建業法は基本がほとんどですから20問 満点狙い。民法関係は14問中 10問は基本ですからとれますよね。

宅建合格ライン

宅建試験には宅建試験合格ラインという言葉がでてきますね。 なぜ、このような言葉が生まれたのでしょうか? 昭和64年ころには、「合格点」という言葉をよく耳にしました。やがて平成元年のバブル絶頂期になると。「宅建合格ライン」という言葉を見よく耳にしました。

令和元年度宅地建物取引士試験合格ライン

令和元年度宅地建物取引士試験合格ラインは35~36点 今年の宅建試験は、シンプルな問題が多く、難易度は昨年より若干高くなりそうかと思われます。特に民法では、出題の形式面では、昨年との違いはほとんどありませんでした。例年通り判決文型の出題もなされています。むつかしいと思われる問題はそんなに多くないという印象でした。