権利関係

時効の中断とは何なのか。消滅時効

債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消滅、時効は成立してしまいます。例えば、AがBにお金を貸して、9年と11ヶ月権利行使を一切してきませんでした。

あと一か月で消滅時効が成立するという ...

権利関係

危険負担 について 宅 建 問題 解説H19-10 建物の滅失(危険負担  債務不履行)

平成19年9月1日にA所有の甲建物につきAB間で売買契約が成立し、当該売買契約において同年9月30日をもってBの代金支払と引換えにAは甲建物をBに ...

権利関係

賃貸借の存続期間と更新等【改正法】

(賃貸借の存続期間)
第604条 賃貸借の存続期間は、50年を超えることができない。契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。

2 賃貸借の存続期間は ...

権利関係,宅建の勉強方法

無権代理は、宅建の勉強をされている人の中でもつまずきやすい、あまり理解できていない部分です。

原因は、きっちりイメージできていないということでしょう。きっちり無権代理といったものをイメージしていていただくのが一つのポイントです。 ...

権利関係

請負(うけおい)とは

当事者の一方(請負人)が相手方に対し仕事の完成を約し、他方(注文者)がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約することを内容とする契約。

日本の民法では典型契約の一種とされ(民法632条)、特に営業と ...

権利関係

・不法行為について学習しましょう。

不法行為というのは、例えば、わざと石を投げてケガをさせた。この場合、怪我をさせられた被害者は、石を投げつけた加害者に対して「治療費、入院費をくれ」と、法行為の損害賠償請求をすることができるようになりま ...

権利関係

宅建試験過去問題の意思表示の問いを見てみましょう

 

【問1】 A所有の甲土地についてのAB間の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aは甲土地を「1,0 ...

権利関係

宅建 抵当権問題 解説

【問4】 Aは、Bから借り入れた2,000万円の担保として抵当権が設定されている甲建物を所有しており、抵当権設定の後である平成20年4月1日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建物に住んでいるが、賃借権の ...