法令上の制限

土地区画整理法をわかりやすく説明いたします。土地区画整理法の宅建試験の試験は難しいです。

イメージでしっかり理解するということを心がけてください。

・換地計画

土地区画整理法でこのような場面を思い浮かべてください。街並みがちょ ...

税金・その他

1.登録免許税とは

登録免許税は、権利の登記を行う場合に課せられる税金です。表示の登記には必要ありません。例えば、Aの土地をBに売った場合、所有権移転登記をしますが、この所有権移転登記の登録免許税の納税義務者は、A,Bが共同して登記申請 ...

法令上の制限

地価公示法地価公示法についてポイントを学習しましょう。

まず地価公示法とは、どのようなルールになっているのでしょう。土地の値段というのは決めていくのが難しいそこで、土地の取引がなされる場合の目安となる相場を教えくれるのが地価公示法です。 ...

権利関係

時効の中断とは何なのか。消滅時効

債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消滅、時効は成立してしまいます。例えば、AがBにお金を貸して、9年と11ヶ月権利行使を一切してきませんでした。

あと一か月で消滅時効が成立するという ...

宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説

★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消費税率を、5%(×1.05)⇒ 8%(×1.08)  と置き換えて学習してください。

18-43

宅地建物取引業者 (消費税課税事業 ...

宅建業法

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説

宅地建物取引業者Aの業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 Aは、実在しない宅地について広告又は虚偽の表示を行ってはならないが、 ...

宅建業法

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説

宅建業法の37条書面の契約事項の任意的記載事項という言葉についてです。ここでは37条の任意的記載事項接と、重説の35条書面との兼ね合いについても説明していきます。

37条書面任意的記 ...

税金・その他

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。

宅建試験における不動産税制の基礎を知ることがポイントです。税金に関して宅建試験で問われるポイントは決まっています。不動産取得税の特例を覚えることです。マイホーム取得に対して税制 ...

法令上の制限

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。

 

さて、この国土利用計画法というのは、計画的に日本の国土を利用するためのルールです。

どんなルールなのかと言いますと、計画的に日本の国土を利用するためには ...

権利関係

危険負担 について 宅 建 問題 解説H19-10 建物の滅失(危険負担  債務不履行)

平成19年9月1日にA所有の甲建物につきAB間で売買契約が成立し、当該売買契約において同年9月30日をもってBの代金支払と引換えにAは甲建物をBに ...

宅建業法

重要事項の説明 についてどのように攻略したらいいか説明致します。

 

  マンションをこれから買おうとする時に教えて欲しいことがあります。

ペット飼いたいのですけども飼えますか?  ギターなどの楽器をやりたいんですけ ...

権利関係

宅建 抵当権問題 解説

【問4】 Aは、Bから借り入れた2,000万円の担保として抵当権が設定されている甲建物を所有しており、抵当権設定の後である平成20年4月1日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建物に住んでいるが、賃借権の ...

権利関係

賃貸借の存続期間と更新等【改正法】

(賃貸借の存続期間)
第604条 賃貸借の存続期間は、50年を超えることができない。契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。

2 賃貸借の存続期間は ...

重要ポイント

宅建試験によく出るところの重要ポイントを押さえよう不当景品類及び不当表示防止法

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち,不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。 )の規定によれば,
「中古 ...

重要ポイント

表見代理(民法110条)

問1.「AとBとが夫婦であり契約に関して何ら取り決めのない場合には,不動産売買はAB夫婦の日常の家事に関する法律行為の範囲内にないとCが考えていた場合も,本件売買契約は有効である。」

ポイント

判例で ...