宅建とは

宅建というは略称で正式名称は「宅地建物取引士」といいます。

この資格は宅地や建物の公正な取引ができるように、1958年に建設省が創設した国家資格です。
「宅地建物取引士」の代表的な仕事の例としては、賃貸マンションやアパート、土地 ...

宅建難易度

 他の資格と難易度を比較

宅建士試験の学習範囲は、広く、暗記する量が膨大です。しかし、暗記しただけでは無意味で問題を理解していないと本試験で応用ができません。

宅建士試験に合格するか否かは、「正しく理解していて、応用ができる ...

宅建資格を取る目的

仕事にも生活にも活かせる資格 

宅建資格は不動産会社は基本的に事務職というより営業職がつよいです。
事務職がいいということであれば、経理系の資格、Office系の資格の方がいいような気がしますが。

就活時点で、宅建資 ...

宅建資格を取る目的

宅建資格の需要

宅地建物取引士は、不動産取引についての水先案内人、大きな不動産取引タンカーを無事誤りなく航行させる役割をもち、不動産取引の安全確保に欠かせない存在です。

1982年ごろは、不動産会社等においても宅建の企業研修 ...

宅建難易度

宅建試験受験において、高齢者ですと「記憶力も衰えてきているんで難しんではないか?

宅建合格できるか不安です」というような声が聞かれました。高齢になると、記憶力は低下するっていうのもこれは仕方がないことなんです。なので、宅建試験で暗記って ...

宅建とは

  宅建試験とは 

宅建試験とは? 何?
はじめて受験に望まれる方は実態をよく把握してから勉強しましょう。
宅建試験の合格者はどのようにして決められるかご存知ですか?
宅建試験受験者を成績順に並べる、つまり点数ご ...