宅地建物取引士一覧

宅建とは?

宅建というは略称で正式名称は「宅地建物取引士」といいます。 この資格は宅地や建物の公正な取引ができるように、1958年に建設省が創設した国家資格です。

宅建資格を取る目的とは

宅建資格は不動産会社は基本的に事務職というより営業職がつよいです。事務職がいいということであれば、経理系の資格、Office系の資格の方がいいような気がしますが。就活時点で、宅建資格があるかないかですが、20代はなくてもかまわないけど30代以上は取得済みの人が選考で通ってますね。