権利関係の宅建勉強法

権利関係は、内容が難しく範囲も膨大です。特に民放は、言葉がそのまま問題には出ません。

問題の多くは、判例に基づいて聞いてくるものばかりです。そのために、宅建受験者の多くが苦手意識を持っています。

そこで、宅建勉強法ですが出題にそった勉強をすることが大切です。

分からないことがあれば、周りに聞いてみるなどして解決しましょう。

まず、全体のポイントをつかむことが大切です。

権利関係は  基本的には 理解力が問われる問題が出題されます。

数字などの換気などは少ない科目です

法律特有の考え方を身につければとても面白い科目となります。

私の場合の宅建勉強法は、はじめに法律用語を徹底的に勉強しました。それが、法律的な解釈をする大切な決め手になりました。法律用語が理解できないと、すんなり溶ける問題も難問になってしまいます。

深い理解に到達するには、まずテキストを読む。そして、その中の法律用語を完璧に理解することです。テキストは何回も何回も繰り返して読みましょう。

権利関係で特に注意しなければならないのは、極端に言えば、宅建業法と民法が分からないと、この試験には合格できないといえるほど重要なのです。

内容は、主に民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法の4つに分かれます。

権利及び権利の変動といわれる科目で、宅建業法と並んで例年16問も出題されている重要な科目です

民法は、毎年かならす10~12題

借地借家法からは2題、

不動産登記法からは1~2題

区分所有法は1題出題される年とされない年とがあるようです。