宅建業法の勉強は最初に始めましょう

宅建勉強法で大切なことは宅建試験の出題内容を把握することです。

宅建業法の最近の傾向として、長文を使った事例形式の出題が多く、ともするとひるんでしまうような問題も多いのですが、この場合、内容をよく読んでみると意外とやさしい問題がほとんどです。

ですから、宅建業法は満点を取る意気込みで勉強することです。

他の科目に比べて出題数が多いのに加えて、細かいところを突く問題も見られます。

宅建業法の科目からは例年16題も出題されています。

特に、免許基準、重要事項の説明、報酬額の制限などに関する項目からは、毎年繰り返し出題されているようです。

宅建勉強法ですが、この宅建業法の科目で確実に得点できれば、合格へ半分近づいたことになりますので、勉強を重ねて得意科目にしてしまいましょう。

逆にこの科目を苦手としている宅建の独学受験者は、かなりの命取りとなってしまうことを覚悟してください。

宅建業法の出題傾向は、毎年ほとんど変わりません。もっとも得点しやすい科目なので、しっかりと学習しましょう 。 

宅建勉強法として、過去問題が繰り返して出題されているので、 過去問題はしっかりと勉強しましょう。