宅建の勉強で建築基準法の道路制限・用途制限についての説明




宅建の勉強で、建築基準法 の用途制限の道路制限ついてお話しします。

まず道路制限ですけど、建物の敷地というものは、幅員4m以上の道路に2m以上接しないといけない。という接道義務が存在します。ただし、日本の道路は、必ずしも4mということはない。幅員4m以内の道路を42条、2項、道路と言います。

接する建物の敷地には、敷地を道路から後退させる、セットバックというものが必要となってきます。例えば、3mの道路があったとします。この道路の中心線から2mずつ行くと、4m相当の広さになります。

そうすると、敷地に対して50㎝部分だけ交代させなければいけないと言うことになります。交代させた所には、何も立ててはいけないということになっています。これをセットバックと呼んでいます。

次に用途制限ですけども、建築基準法には、用途地域で建築できる建築物とできない建物が具体的に定められています。用途地域というのは、都市計画法で具体的に、この地域は第一低層住宅区域だとか、準工業地域だとか定められています。

さらに。その中に、それぞれにおいても立てることができる建築物。建てることができない建築物というものが存在します。例えば、パチンコ屋、風俗店などは、商業系でもどの部分でなければいけないかというような形で具体的に建築できるものが定められています。

 

⇒メニユーへ戻る

新着記事

宅建試験勉強 5月までにやること

 宅建試験対策 5月から今何をすべきなのか。 今回は、ある宅建の勉強をある程度勉 ...

宅建の勉強はどんな方法でやってますか?

今、宅建の勉強をしています 今のところ参考書などを読んで問題を解いたりしています ...

宅建試験に出る地価公示法について

地価公示法 地価公示法についてポイントを学習しましょう。 まず地価公示法とは、ど ...

宅建攻略-民法本論 時効の中断

時効の中断とは何なのか。 消滅時効 債権者の会Aが10年間、権利行使をしないと消 ...

宅建攻略H18-43 報酬 宅建業法

宅 建 報酬 問題 解説 ★改正により、消費税率は8%になりました。  板書の消 ...

宅建攻略–広告契約時期の制限

19-38宅 建 問題 広告契約時期の制限 解説 宅地建物取引業者Aの業務に関す ...

宅建を取るなら目標を決めて勉強したほうがいいと思います

宅建合格者・初心者様の体験談 宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なこ ...

宅建攻略—37条書面の契約書 

宅 建 問題 宅建業法の37条書面 解説 宅建業法の37条書面の契約事項の任意的 ...

宅建攻略—不動産取得税のポイント

不動産取得税とは、手に入れる時に課税される都道府県税です。 宅建試験における不動 ...

宅建攻略—国土利用計画法 の重要ポイント

国土利用計画法の重要ポイントについて勉強していきましょう。   さて、 ...