宅建とファイナンシャルプランナーやマンション管理士はどっちが難しいですか。

宅建とファイナンシャルプランナーはどちらが難しいですか?

答えはどっちも難しいですね。でも、それでは答えになりませんので一応区別をしましょう。
宅建試験もファイナンシャルプランナー試験も難易度はほぼ同ランクです。ただ、合格率だけを見ると相違があります。宅建は15から17%なんですけれども、ファイナンシャルプランナーの場合は大体30%ですが、40%超えることもありますので単純比較は難しいです。
合確率で比較すると、FPの方が若干優しく思います。
ただ、どちらの試験も考える民法であったり、不動産の知識が共通で問われますので、愛称はいいです。

 

続いてよくいただくご質問ですが、宅建とマンション管理士のどっちが難しいですか?とよく言われます。
マンション管理士方が単純に合格率だけを見てもかなり難しいです。
宅建・マンション管理士さらに管理業務主任という資格がありますので、是非、このまずマンション管理士のかなり難しい試験を突破したら、その勢いで宅建・管理業務主任者という資格も取っていただければいいかと思います。
不動産業界は、マンション管理士・管理業務主任などはとても有効です、どうせならダブルじゃなくトリプルライセンスを目指すようにしてください。

宅建と日商簿記僕とではどっちが難しいというご質問がよくあります。
宅建と日商簿記2級がおよそ同じランクということができます。
ただ、これは正直学ぶ内容が全く違うんですね。
ですから、ここは皆さん誤解しないでいただきたいんですが、単純に合格率だけの比較をしているという。こういった場合は、ほぼ同じだと、当然僕でも思います。日商簿記は高い合格率がありますけれども、15~20%ぐらいが平均的になりますので、そういった意味で宅建と簿記2級がおよそ同じランクだという風に考えておいてください。

宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座