宅建試験のよくある質問 宅建の勉強時間

では、ここからは、宅建勉強のガイダンスの中でよくある質問です。今から、私がズバッとお答えしようと思います。まず一つ目です。
宅建の一部免除制度とは?
この制度知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、宅建試験は50問出るんですが、
実はその後もんとかなくても5点上乗せされるという制度があります。
ちょっとずるい制度があるんですね。
具体的には、不動産業つまり誰でもじゃないんですね。
今、まさに不動産業で働く人たちがテストを受けると5点免除されます。
ただ、使えない方も安心してください。
真面目に勉強すれば、5問中、3問は正解できますですから、実際には1点から2点のアドバンなります。こういった制度利用できない方もきちんと真面目にすれば、できるということを心に留めておいてください。

宅建 勉強方法

合格するにはどれくらい勉強時間が必要なのですか?という質問ですが、僕も受験生のとき気になりました。正直なお話ししましょう。
勉強期間としては3ヶ月から半年勉強して、勉強時間の目安が250時間から350時間と言われています。でも皆さん考えてください。
じゃあ3ヶ月、半年勉強したら受かるのか。
250時間机に向かっていれば、300時間机に向かっていれば受かるのか。
そういう試験ではありません。ちょっと厳しい言い方をするかもしれませんが、受講生の方からこういったお問い合わせいただくと、自分が納得するまで勉強してください。
という風に答えるしかございません。
350時間椅子に座っていれば受かる試験ではありません。やはりコツコツと真面目に勉強されたか方は努力が報われるんじゃないですか。
ご自身が納得するまで是非勉強していただきたいというふうに思っています。

 

次に、学習で一番大切なことは何ですかというご質問ですが、それは根性で過去問を繰り返す。
声に出して頭に入れることです。それから、元気じゃないと勉強はもちろんなにも身に入りませんよね。ですから、本当に健康であること。それか、根性そして過去問を何回も繰り返すことなんですよね。「絶対に合格するんだ」という気持ちを持って、向かっていただきたいというふうに私は思います。