宅地建物取引士のお話をして行こうと思います。

特に宅建本試験の情報は皆さんめちゃめちゃ気になりますよね。

この情報を皆さん全部吸収する勢いでご覧ください。
宅建士・宅地建物取引士の略語で「宅建」という言葉を聞いたがあるかもしれませんが、意外に知らない方もいます。
実際試験を受けで合格するには、内容を知ることが必要です。
今一度、宅建資格を知らない方がいらっしゃったら、今から、実像をしっかりと見て、把握するようにしてください。

宅建とは、不動産業における専門家、エキスパート。
不動産業、実は、細かい話ですけども、5人に1人以上この宅建士という資格を持った人がいないと営業停止になってしまいます。

ですので、不動産業における専門家ですので不動産業には非常に高価な財産ですね。
法律では、国家資格を持ったこの宅建士という人がいないと営業できませんので、不動産業における専門家だという風に言うことができるということになります。

実務生活に活かせる、資格として経営、資格の登竜門ということがあります。
そして、当然、不動産業に勤めている方は持っていないと恥ずかしいぐらいの資格です。
特に不動産業で働いてない方で、家やアパートを借りて住んでいるかもしれませんが、
そいった場面でも、自分がちょっと怖い業者さんがいるかもしれませんが、だまされる恐れがありますよね。
自分の身を守るという意味でも、この宅建士の資格取得のメリットあるということができます。

実際不動産系の資格で特に宅建は、科目の中に権利関係という法律が出てきます。
この法律関係は、各種国家試験の中でだいたい試験科目の中に登場してきます。
法律系の資格の勉強してみようという方にとっても、この宅建資格は、レベル的にも非常に適したものになっていますので、資格の登竜門的な存在だということが言えます。

宅建試験について受験、スケジュールですね。
若干、毎年変動はありますが、受験願書の配布は7月の上旬から始まります。
申し込みどうやってやるのって言うと、二つ方法があります。
一つは、郵送で手書きで書いて送る方法、
いつかと言うと、7月の上旬から、下旬が受付、期間になっています。
もう一つは、インターネットでネット上でも申請ができます。
若干期間が短くなってますので注意してください。

7月上旬から中旬と郵送よりも、短くなっていますのでこの辺注意教えてください。
では、無事に願書出しました。
受験申込書はいつ届くのかと言うと、大体10月の上旬頃送られてきます。
本試験日はいつ試験があるのかと言うと、毎年一回です。
本当に2回でも3回でもやって、ほしいんですけれども、残念ながら、一回しかありません。
毎年10月の第3日曜日です。
開始時間は、午後1時から3時
試験受けました。合格発表いつあるのかといったら12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表します

宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座