宅建試験で時間が足りなかった方の対策は

宅建試験を受験したけれども、時間が足りなくって合格できなかった。そういった人に対してお伝えしたいと思います。
昨年、宅建試験を受験した方はご存知だと思いますけども、宅建の試験は50問あるわけですね。それを120分で解かなければいけません。
そうすると、計算していただくと分かるのですけども、1問あたり約2分くらいで解かなければいけません。
1問当たり4つの選択肢からなりますので、一つの選択肢に30秒しかかけれないですよね。
最近は、問題文全体が意外とながいんです。特に判決文になってくると、問題がペーシの半分ぐらい判決だったりして長いですよね。
これでは、すごい時間がかかってしまいますよね。そういった中で一つの選択肢を30秒でとかないといけないってなると、何も考えずに試験に行ってしまう人は、「時間がなかったんで」となるのは、目に見えて分かっています。今この時点で宅建の試験って時間の制限が非常に厳しい試験だだとみなさんわかるはずです。とすれば、今からこの時点で、宅建の試験は非常に時間に厳しい試験だということがわかりますから、今から手を打たなければいけません。
試験を終わった多くの方は「時間が足りなかった」と言われますが、そうじゃあないんです。
今まで、時間がなくても解けるような訓練をしてこなかったんじゃないのということです。
時間がないことの原因を間違えているんです。
時間がなくても、そのための訓練をしてこなかったっていうのが原因なんですね。合格する方っていうのは「時間がない」そういう言い訳はしません。
その120分で解いて、見直しをするという訓練をしていますから、そのようなことは言いません。
だから、今から皆さんは、その訓練をしていていってください。
じゃあ、実際どうやって訓練していくのか。
独学の方やスクールに帰っている方も、あまりこういったことを教えてくれる先生かいないとこですね。
通信講座では、基本的には先生との接触もないと思いますので、教えてもらう機会がないと思います。独学の方はまず持っている問題集がまず1問あって四つの選択肢からなると、こういった問題集を持っている方。

まず、一つの問題を2分で解けるようにする。そのために、問題を解くというステップっていうものを自分で考えてみてください。
まず問題を読む、選択肢を一つ読む。わかんない問題が出たらどうする。どういって対処するか。そういった流れっていうものを自分で作っていってください。
初めに一つ作って置いて、違う問題でそれを試してみる。それで良ければ、それを祭用すればいいですし、それではダメだっていう場合は、トライし繰り返しながら自分で修正をかけていく。
時間かかるんですけども、そのやり方でも全然かまわないです。
もしお持ちの問題集が1問、1問のもんだいであれば、それを30秒で解けるようにをしてください。
解けない場合はどうするかは自分なりに考えてください。
一門あって四つの選択肢があるものがいいんですけども、なければ仕方がないので一つの問題を30秒で解いてというやり方をぜひやってみてください。
問題を読んで、問題を整理して考えて、答えて答えを導く。この4ステップをやらなければいけません。
それをいかに効率的にやっていくかを考えてぜひやってみてください。ください。