宅建試験の合格ラインとはなに?

宅建試験の過酷なところは受験者数20万人のうち17万人前後は確実に不合格になるのです。

高い得点者から13%前後で切り落とされるのです。

宅建試験合格ラインで合否の分かれ道になり、1点差で泣く人がいます。

極端にいいますと3万人前後が平均点36点17万人が35点以下だったとします。

宅建試験の合格ラインを15パーセントできられると、35点取った人は不合格になってしまいます。

確実な合格点は、はじき出せません。その年の受験結果できまりますから毎年変勤します。

合格ラインに惑わされず、上位3万人以内に入ることを目標にしたほうが、はるかに合格へ近づくのではないでしょうか。


宅建合格ラインは、改めて決められるものではありません。つまり、試験の結果がわかって初めでわかるのです。しかし、現在は宅建学校の予想が支流になっています。プラス・マイナス1点で予想しますから、当たる確率も高くなるのも当然です。

宅建試験の合格者は、単純に上位高得点者から15%あたりでざっくりと切り分けます。ですから、一生懸命勉強しても合格するという保証はありません。合格基準点が上がる場合は、試験問題が易しくて高得点者が多くなった場合です。その反対に試験が難しくなると、高得点者が少なくなり合格基準点も下がります。

いずれにせよライバルより一転でも多く点を取ることを心がけることだと思います。そのためには、宅建の勉強方法が重要になってきます。独学でも宅建学校へいっても宅建試験は合格できる試験です。今年は頑張って宅建試験に合格しましょう。