平成21年度(2009)~平成25年度(2013)の宅建合格ライン

平成21年度(2009)~平成25年度(2013)の宅建合格ライン

宅建合格ライン平成25年度(2013)

平成25年度宅建合格ラインが気になります。

宅建試験は、毎年20万人近い人が受けている宅建の試験には、いろんな準備段階の人がいるように思うのです。普通免許を取得する感覚で「宅建なんか簡単」とは、とてもいえそうもないですね。

しかし合格率17%、試験会場へ足を運んだ受験生100人のうち、80人以上が苦い思いをしている試験です。 問題が難しかった年の宅建試験合格ラインは低くなり、逆に易しかった年は高くなります。

今後も宅建試験合格ライン(合格基準)に大きな変動はないと思いますので、宅建試験の合格ライン35点以上を得点できれば、宅建試験にはほぼ合格できるといってもよいでしょう。

宅建試験は、満足に学習時間を確保しておかないと、試験間際になって慌てたてることになります。特に独学の人は、思うように勉強が進まないかもしれません。宅建試験は、50問中宅建試験の合格ラインの35問、全体の7割以上を得点できれば、つまり上位の17%以内に入れば合格できるのが宅建試験です。 周りの人は通信講座しながら計500問の問題集(過去・予想問題)で徹底して過去問をこなしていくそうです。

私は宅建の試験に合格するには、宅建試験の合格ラインのことはそんなに気にしないで、毎年重要ポイントを目安に対策を立てるべきだと思っています。

あとは、7割5分を得点できる勉強法をみつけて、真面目にそれを実践すればよいのですから。自分に合った講座で学習すれば、宅建試験直前期の知識整理、弱点克服に役立ちます。

また初回から気合を入れます、様子見の人もいるように思いますがみすみす1年を無駄にするのはお勧めできません。宅建試験は、法律系資格の登竜門といわれていますが「不動産のスペシャリスト」となる国家資格ですので、そう簡単には合格できませんので、その覚悟で勉強してください。

受験者数 合格者数 合格率 合格ライン
平成9年 190,131 26,835 14.10% 34点
平成10年 179,713 24,930 13.90% 30点
平成11年 178,384 24,930 15.90% 30点
平成12年 168,094 25,928 15.40% 30点
平成13年 165,104 25,203 15.30% 34点
平成14年 169,657 29,423 17.30% 36点
平成15年 169,625 25,942 15.30% 35点
平成16年 173,457 27,639 15.90% 32点
平成17年 181,873 31,520 17.30% 33点
平成18年 193,658 33,191 17.10% 34点
平成19年 209,684 33,191 17.30% 35点
平成20年 209,415 33,946 16.20% 33点
平成21年 195,515 34,918 17.90% 33点
平成22年 186,542 28,311 15.20% 36点
平成23年 188,572 30,391 16.10% 36点
平成24年 191,169 32,000 16.70% 33点
平成25年 ?

.

平成24年宅建合格ラインが気になります(2012)

2年連続で7割超えの宅建合格ライン36点だったので、試験サイドは、今年はボーダーを下げたいねらいがあったのでしょうか。この不動産法律セミナーの特筆すべき点は、その的中率です。宅建試験の合格ラインは36点以上はないと思います。

※問5の正解を3とした場合◆週刊住宅新聞社は、35点以下を予想しています。講師個人予想については、日建学院みやざき講師 33(15%)or34(80%) 点

宅建試験の合格ライン
平成24年宅建試験の合格基準は33問(50問中),合格者32,000合格率16.7%

受験者の皆さま合格おめでとうございます。
おしくも不合格となった方もう今日から作戦たてなおしですよ。

全般的な感想としましては。問題の作成形式がまったく20年前くらいと同じですね。
単純にで90秒ほどで解答のでるのがおおく見られました。

しかし、はじめて挑戦された方には戸惑いあり、混乱ありではなかったでしょうか。
平成元年から試験問題を分析をはじめてからもう24年になってしまいました。

当時はこの手の問題が多く出題されましたが、宅建試験の合格ラインもいろいろ変化を遂げたような感じがしました。

また機会があったら紹介しましょう・・

平成22年 186,542 28,311 15.18% 36
平成23年 188,572 30,391 16.12% 36
平成24年 191,169 ?

.

平成23年度の宅建合格ライン予想が出そろいました(2011)

宅建合格ラインの予想が各セミナー出そろってきました。
桜が予想した宅建合格ラインよりすこし高めが多いですね。LECはかなり厳しい予想をしていますが、私はこのあたりが合格点の妥当な線だと思いました。
この宅建合格ラインはあくまでも予想ですからご了承ねがいますね。

LEC 33前後
総合資格学院 36
大栄教育システム  35
クレア 35or36
宅建らくらくナビ 35前後
宅建ゼミナ  35前後
日建学院  35前後
住宅新報社  34前後
日本ビジネス法学院  34前後
TAC  36前後
教育プランニング  35前後
DAI-X  35前後
大原 35前後

.

平成22年度の宅建合格ラインはどんな感じでしょうか?

毎月20日に発売される、東京法経学院の「不動産法律セミナー」という雑誌をご存知でしょうか。多くの受験生を苦しませる、権利関係(民法)は、難問が複数見られたようで、宅建試験の得点源の宅建業法分野は、正答率が低い個数問題や組合せ問題が多数出題されたようですね。

組み合わせ問題に対応が出来ていれば去年よりも下がるようには思えないとのこと。

平成22年度の宅建試験合格ラインは、前後予想を掲げた学校陣は的中していました。※10月29日PMの時点、受験生データを分析して、後日修正の可能性あり梶原塾田中講師  35or36点

平成20年 209,401 33,946 16.21% 33
平成21年 195,515 34,918 17.86% 33
平成22年 186,542

平成21年度(2009)の宅建合格ラインはどんな感じでしょうか

平成21年度の宅建合格ラインは、ネットから見た受験生の声や、各資格学校の見解をまとめると、昨年度より難化したのは間違いないようですね。 宅建試験の合格ライン 34点(35点もありうる)

大型書店等に並べられているので、地方の本屋では入手できないかもしれませんが、11月20日(火)発売予定の12月号に、平成21年度宅建試験のボーダー予想が書かれていると思われます。

平成19年 209,697 36,203 17.26% 35
平成20年 209,401 33,946 16.21% 33
平成21年 195,515