宅建 合格ライン 平成25年度宅建試験問題について

宅建 合格ライン 平成25年度宅建試験問題について

権利関係は、かなり難化しています、民法は宅建試験の中でも広範囲で出題されるために受験者のアキレス腱です。5問免除科目は、ほぼ例年並でした。この傾向は毎年続きそうであるが、権利関係で高得点とることが大きな課題となってくると思われます。

合格者平均でも半分取れてないのではないかと思う難易度でした。税は、価格:印紙税、固定資産税、地価公示法と順当に出題されましたが、内容はやや難化傾向でした。

今後ものこの傾向が続くと思われます?しかしながら出題されるところは決まっているのです、わたしの経験から・・・権利関係は、建基法の単体規定で難問? 国土法がその他法令の1肢になってました。以前、宅造規制法がこの扱いになり数年続いたことがあるのですが、それ以外はほぼ例年並でした。

宅建業法は、昨年に比べると、各肢の知識は一般的な水準で易しくなってはいますが、やはり数当て・複合問題が7問出題と増加し、曖昧な知識では得点に結びつかなくなっている点、ここ数年の問題としては難しい部類に入ると思われます。以上から、本年は、宅建業法を確実に押さえる学習をするかがいかに重要であるかと感じる試験でした。

権利関係
昨年度は、予想どおり過去問題から出題されている問題がかなり多くありました。
戸惑うものもありましたけど、ひっかけとか昔はいいましたけど全体的に基本問題ということは、ここでたくさん落とすようなことになると宅建合格は遠くなる感じです。
法令上の制限
「あれ?これ簡単?」と思いました。
基本問題だけに驚きましたね。
ただし、基本ができていないと宅建試験の合格ラインは難しいと思われた方もいるかも。

宅建業法
今年は宅建業法の問題は、かなり細かく学習していないと若干難しくなるのでは?
しかしながら、これも基本をしっかりと学習していればかなりとれる科目です。
17~19取れれば理想ですが。
今年、出題の傾向は数年前から実務的な内容が中心になってきました。試験取っても現場で役に立たなければ意味がないのです。
宅建合格ラインはは平成23年度宅建試験より若干上がっているように感じます。
受験者のレベルが昨年同様であれば、宅建試験の合格ラインは35点前後というところでしょうか。