宅建試験合格のためのスケジュールとは。

宅建試験合格のためのスケジュールとは。

「もうあと一週間後に宅建試験」と、なってしまいますとなかなか整理ができないですよね。
そこで、宅建勉強する時期に応じて段階を分けたらいいです。

これは、大手スクールのカリキュラムがほとんどそうなっています。
だいたい8月の中旬(お盆)くらいまでに、宅建試験で覚えるべきものを全て学習します。
そのお盆ぐらいまでの学習時期までにしっかりと理解をし、しっかりと重要ポイントを整理する。
ここでの大事なポイントは何かと申しますと、覚えないということです。
どうしても、勉強の苦手な方は考えるのが億劫だから覚える方に意識が行きやすいんです。
これが失敗。
あえて覚えない代わりにちゃんと理解整理しましょう。
ここに重きを置いてください。

・お盆休みぐらいまでに理解・整理できたこと
・お盆休み位から模擬試験を受験したりする。
・過去問題集を解きながら自分の弱点になっているところから重要テーマで自分の弱点になっているところからどんどん学習を進めていく。
これはまずいなと思ったら、しっかりとスクールの直前講座を利用したりして、このところを底上げしていくということになります。
では、ここをまとめます。

・お盆休みまでくらいは、理解する勉強を中心にする。
・重要ポイントをスッキリ整理する学習を中心に
・覚える学習は、お盆休み明けくらいから。
・宅 建試験直前は模試や問題集を解きながら弱点テーマを優先的に押さえていく。

これだけで宅建試験合格への近道になるはずです。