宅建試験の出題範囲 税金等

宅建試験の出題範囲 税金等

宅建試験の出題範囲

《税金・その他の法令:8問》46~50

国税は、所得税、印紙税、登録免許税等です。  地方税は、不動産取得税と固定資産税です。•不動産の鑑定評価 • 地価公示法 税・その他は出ても3~4問でます。

税金

これは、近年の宅建試験の重要度が高まっているように認識しています。
税は、今の試験では捨ててはいけません。しっかりと基本を理解して、何のために用意された税なのか、その税の制度の仕組みを理解すれば、過去問題を合わせて解くことでほぼ確実に点が取れます。
ぜひ得点源としておいていただきたい。

 

あと 5問免除 という分野があります。

5問免除という分野は、登録講習と言う講習を修了すると、「5問分受けなくていいよ」と言う部分です。
一般の受験される方は50問試験。
宅建業で仕事をしていて、5問免除講習を修了した方は45問受験ということになります。

一般受験、50問受験をされる方にとって最も重要なのは統計です。
実は、この統計は宅建試験の最も解きやすいテーマです。
何とか白書、何とか白書、と言って、毎年ここが出ますよ。

出るところは決まっいて、数字はちょっとでも変わったら 「×」
なんとか白書に書かれている数字であれば 「〇」
ということになるわけですから準備しやすいわけです。
しっかりとデータ分析、過去問題分析をして、「今年はここが出ますよ」
という適切な資料を学習の素材としていただければ10分で1点取れます。
ここは「優れた情報を持つ者が勝つ」情報戦となっています。