【宅建士試験出題科目のポイントと出題数】宅建業法

【宅建士試験出題科目のポイントと出題数】宅建業法

【宅建士試験出題科目のポイントと出題数】

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習の重要ポイント

宅建試験は50問で四肢択一式による筆記試験です。
※注・宅 建 の5点 免除 登録 講習は45問になっています。

《宅建業法:20問出題》1~14

宅建業法とは、不動産取引における弱者である買主や借主の保護を目的に定められた民法の特別法で、強者である不動産業者に適用される法律です。

———————————————————————————
・宅建試験の攻略のテーマ宅建業法になります。
———————————————————————————

宅建試験の重要ポイントは過去問題にほぼ網羅されています。
ただし、過去問題集をやみくもにやっても、ごちゃごちゃの知識でバラバラに頭に中に入ってきてしまいます。それではなかなか覚えられません。
まずは、わかりやすいテキスト参考書でしっかりと、どういうテーマの話なのか理解をしてください。
そして、理解をしたら、過去問題に繰り返して出題されている重要ポイントを表とか図を用いて整理してください。

その上で、図表を見ながら過去問題集を解くようにすると学習効果がぐっと上がります。
———————————————————————————
重要なポイントをまとめます。宅建 勉強方法
———————————————————————————
法令・税・宅建業法ですけども、今の宅建試験で勝負分野になってくるこの三つ。
いきなり丸暗記しては駄目です。
どうしたらいいかと申しますと、まずしっかりと理解をすること。
理解した上で重要ポイントを図とか表で整理をすること。
そして、整理できたことをしっかりと問題集を使って問題を解きながら理解を深めていく。このプロセスがとても大事になってきます。