宅建試験の出題範囲 権利関係

宅建試験の出題範囲 権利関係

 宅建試験の出題範囲

《権利関係:14問》15~22

民法は、借地借家法 、建物区分所有法、不動産登記法 など出題範囲は広い

宅建試験はここ数年、民法・借地借家法・区分所有法・不動産登記法という権利分野の問題が難しくなってきました。これは、しっかりと、過去問題分析をすれば分かります。ただ過去問題を5年分り10年分やるだけでそれと全く同じ問題が出ると言うとほとんど出なくなってきています。
ですから、過去問題中心の学習を進めるというのが多いと思います。はっきり言ってしまえば、宅建試験の権利関係に関しては、過去問題は行ってもあまり意味がないということになります。

使い方を誤って、丸暗記一本勝負で望まれるかたは過去問題集はほとんど役に立ちません。
ただ、過去問題を素材に、売る人買う人の立場に立って「こう考えればこういう結論が導かれるではないか。」とか、賃貸借借地であれば、土地建物を借りる立場にになって考えれば「こうなるんじゃないか」というように考えるような、トレーニング素材として過去問題を使っていけば効果があります。

では、権利関係ズバリ大事な点を申し上げます。
権利関係で必ず学習しておかなければならないのは、代理・相続・賃貸借・借地借家法。ここは、ほぼ確実に出題されてくるテーマです。後は、「事前準備しておけば一点は取れる」そういうテーマになります。

おすすめのテーマに毎年、必ず出る抵当権・区分所有法・不動産登記あります。
実際の本試験では、得点しにくい幅広いところから出題されています。
それは、優先的に少し下げて良いかと思います。
他のテーマは、出たり出なかったりするわけですから、それは、学習できる時間の相談ということになります。

代理・相続・借地借家は、ほぼ100%出題されます。これは、得点の取りやすいテーマですから優先して学習進めましょう。
宅建試験は、どこで合格点を稼いで行けばいいのでしょうか。
法令上の制限・都市計画法や建築基準法・農地法・宅地造成等規制法・土地区画整理法・諸方例。など、いろんな分野から出てくる法令制限、これが今の宅建試験の最も重要なテーマになります。
実際にデータを分析していきますと、法令上の制限で高得点を取っていられる方は合格しやすいです。
しかし、多くの受験生は、法令上の制限を身勝手としてしまいます。
なぜか それは、難しい用語がいっぱい出てきます。しかも、多くの市販の書籍では具体的にどのような場面の話なのか分かりやすく説明されていません。
だから、よく分からずに過去問題集を繰り返して、わけがわからないのに覚えるまで、我慢大会の過去問の使い方をしてしまうということです。
よって、法令上の制限が苦手になってしまう方がいます。
しかし、今の法令上の制限はしっかりと理解して、わかれば簡単に点が取れるものばかりです。