宅建勉強法についてなんですが

宅建勉強法についてなんですが。試験までポイントがつかめなくてどうして良いのか分からなかったのですが基本書を一通り読む、過去問を完璧に理解する、予想問題をほぼ完璧に理解する模試を受けてみる、宅建勉強法でなんとか合格できました。ユーチューブ講座を見る宅建勉強法でかなり役に立ちました。

宅建勉強法は参考書を読む、問題を解く、解答の解説を理解するっていう流れでは耳を使わないので耳を使う作業は新鮮で苦痛が少なく、受け入れやすかったのかなと思います。ユーチューブ宅建勉強法講座の内容が全く分からない場合は、何回も受講したらいいかと思います。

今になって思えば、ユーチューブ講座のっていうのは記憶にあまり残らなかったと思います。

宅建勉強されるとのこと、1発で合格できるよう頑張ってください。
私は、出題数が少ない分野は勉強時間が足りなかったので最初から勉強しませんでした。
参考書の中から一番分かりやすい簡単な言葉で書かれている参考書を選び(挫折しないため)わからないことはネットで宅建合格のための解説を載せてくれているページを参考にさせてもらったり、細切れの勉強時間しかとれないときはそれらのHPの一問一答をやりました。
私はだいぶ後半になってから気付きました。ネットで探すと結構モチベーションを上げてくれるHPあることが。
————————————————————–
 

勉強を1年間モチベーションを保つのはなかなか…。私は取る気満々で勉強した宅建試験、落ちました・・・取りたいけど、もう1年がんばれるかわからず、再チャレは迷っています。
私も宅建を必要とする仕事に就くことはないと思ってまったく興味がなかったのですが、
宅建を取るなら、目標に向けて勉強されるのがいいと思います。明確な目的がないのなら、就職する前に取らなければ意味がありません。資格があることで、不動産会社や金融機関にはかなり面接で有利になります。これをあなたの目標にすればいいのです。

FPはサービス業などの営業には有利ですよね。また、生活していく上での知恵に近いので勉強しておいて損はないと思います。しかも年3回試験があるので、受けやすいですよ。
3級ぐらいだと、年配の方も多かったです。しかし、企業は1級があたりまえですから2~3級ではなんの意味もありませんから

宅建勉強されるとのこと、1発で合格できるよう頑張ってください。
私は、出題数が少ない分野は勉強時間が足りなかったので最初から勉強しませんでした。
参考書の中から一番分かりやすい簡単な言葉で書かれている参考書を選び(挫折しないため)わからないことはネットで宅建合格のための解説を載せてくれているページを参考にさせてもらったり、細切れの勉強時間しかとれないときはそれらのHPの一問一答をやりました。