宅建試験とは?

はじめて受験に望まれる方は実態をよく把握してから勉強しましょう。
宅建試験の合格者はどのようにして決められるかご存知ですか?

宅建試験受験者を成績順に並べる、つまり点数ごとに50のグループ分けをします。
そこで、上位から14%程度になるよう合格者を選出します。

よって毎年このグループの変動により合格ラインが変動することになります。
この14%ラインに入るために宅建の受験者は何百時間も学習することになります。

学習方法としては、独学、通信教育、セミナー等いろいろ考えられますが、どの学習法にも過去問題が必須となります。
よって学ぶ内容はさほど変わらないということです。

どのような学習方法でも学習パターンは、・・テキストを読む・・
過去問題を解く方法は変わらないのです。

ということは、受験生はほぼ同じようなレベルで試験に臨むことになります。
宅建試験は、受験結果を50枠のふるいにかけた場合上位から14%になるように試験管が試験問題を作成しているのではないかと思われます。

宅建試験合格ラインの仕組み

内容は基本問題と難問といわれるもの、引っ掛けといわれるものをうまく組み合わせ得点の調整をしているのではないがというのが筆者の感想です。

宅建試験に合格するための近道は基本問題を100%理解し とりこぼさないことです。

「難問は、ほかの人もできないのだから とりこぼしてもいい。」

という甘い考えは捨てたほうが無難です。「それができなければ合格できない」という考えに改めることですね。