合格は自分に合ったテキストが重要

宅建勉強で教材は重要です、しかし私はかなり遠回りした勉強をしました。
特に独学で勉強しましたが、わざわざお金をかけて勉強することはないと判断していただけです。
宅建合格は良い教材がなければどんなに素晴らしい勉強をしても実力はなかなか付いてきません。
3度目の年の勉強をこれではじめから実践していれば、たぶん1発で合格できたと思います。
1発合格をする勉強をしたいのであれば、まず良い教材選びを行ってください。
宅建試験日が近づいています。
1年学習された総決算です・・・
1年に1度しかない宅建試験気合いを入れましょう・・・

 

一番画期的なものは シールドをあてると テキストのポイントが消えて見えます。
わからないときはシールドをはずしポイントを確認します。
これだと自然にポイントだけどんどん記憶していくことができますよね。
このテキストは「宅建攻略ガイド1」の権利関係と宅建業法で最低25点 法令上の制限と税で最低10点 取れるよう 6ヶ月の設定となっています。
今から学習をして10月の試験に望まれる方は良いテキストだと思います

宅建テキストの選び方のポイント
中身が充実しているもの。
やたらに文字を大きくしたり、余白が多くて何冊にも分冊しててないもの。
なんといっても、自分で見てなじみやすいもの。
ボリュームとしては600~700ペーシ程度のもの。
やたらとカラー 印刷の色の多くないいもの。 一色刷りが一番いいのですが2色程度のもの
索引が決めこまかく表示されているものを選びます。 なんといっても見たいところがすぐ探せるものがいいのです。 たとえば10項目くらいしかない ものは、細分化されていないので何ペーシも探すことになりますので効率が悪くなります。
宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座