宅建試験 出題項目

宅建試験 出題項目


◎宅建業法の攻略法・・・完全に暗記科目であり、条文数も少ないので、とにかく憶えて過去を解くこと。
引っ掛け問題が多いので解答方法をしっかりマスターしておくこと。
宅建業法は満点を目標にしてください。民法が苦手な人は、宅建業法で取りこぼすと完全に不合格となってしまいます。

◎法令上の制限の攻略法・・・都市計画法や建築基準法、区画整理法、農地法など記憶すべきポイントはしっかり記憶すること。数字の魔術にかからぬよう注意!!

◎民法の攻略法・・・権利関係で特に注意しなければならないのは、毎年かならす10~12題も出題されている民法です。極端に言えば、宅建業法と民法が分からないと、この試験には合格できないといえるほど重要なのです。以下で4つの法律について解説しましょう。次に借地借家法からは2題、不動産登記法からは1~2題、区分所有法は1題出題される年とされない年とがあるようです。

内容は、主に民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法の4つに分かれます。

権利及び権利の変動といわれる科目で、宅建業法と並んで例年16問も出題されている重要な科目です。

◎税・その他の攻略法・・・不動産取得税、固定資産税などの基本と過去問題はしっかり学習しておくこと。他の税関係については、基本項目以外にあまり深入りし時間をとらないこと。

◎5問免除の攻略法・・・主な業務内容の学習で十分。景品表示法については、非常に簡単であるので取りこぼしはしてはいけません。
これから受験しようという方々に宅建試験攻略法を公開しますので参考にしていただければ良いかと思います。


サイト内一覧