宅建とは?

「宅建」というは略称で正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。この資格は宅地や建物の公正な取引ができるように、1958年に建設省が創設した国家資格です。
「宅地建物取引主任者」の代表的な仕事の例としては、賃貸マンションやアパート、土地などを借りる際に、またはマンション、一軒家、土地の購入の際に、 契約の前に重要事項の説明をすることです。

又、重要事項説明書に押印や記名することや、他の契約書への記名や押印を行います。不動産取引を公正に行うのが目的の資格ですが、民法を扱うためで幅広い分野で評価が高いのです。
宅建の試験に合格しただけではこの仕事をすることができません。登録を行っている都道府県知事より、宅建取得者は宅地建物主任者証を発行してもらって業務を執行することは出来ます。

独自で宅地建物取引業者を始める場合は、その事務所が所在する都道府県知事から免許をもらう必要がありますし、2つ以上の県に事務所がある場合は、国土交通大臣より免許を発行してもらう必要があります。
宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置しなくてはならないと定められています。

大手の企業では全員が必ず持っていて当たり前という風潮がありますが、 中小企業などでは、宅地建物取引主任者の資格を持っている方が少なく、 業務拡大を進めるために、宅建試験に合格していれば未経験でもぜひ採用したいという所も少なくありません。

宅建試験は非常に人気のある資格であり、最近では毎年20万人以上の方が受験の申込みをします。資格試験は一般的には時代とともに難しくなる傾向にあるのですが宅建は合格率が10年以上15%前後の推移なのでこのレベルまだ当分は続くのではないかと思います。