平成10年度(1998)~平成15年度(2003)の宅建 合格 ライン

平成10年度(1998)~平成15年度(2003)の宅建 合格 ライン

平成15年度の宅建 合格 ラインがきになるところですね。(2003)

今年の宅建 合格 ラインはどのあたりでおちつきますかね。宅建 速報なんかを見ますと7割の正解率というのが宅建試験合格ラインの特徴となってます。
合格点35点前後という表記は 宅建 資格 学校 当たり障りなく表示しているだけですね。
大幅に違っていたらそこの学校の信用に関りますから。 ただ一辺倒に35点前後と言っている人が多いのはそのせいです。

ともあれ今日まで宅建試験の分析が始まったのです。宅建合格ラインは 35点と見ました。

平成13年 165,104 25,203 15.26% 34
平成14年 169,657 29,423 17.34% 36
平成15年 169,625 ?

.

平成14年宅建 合格ラインが知りたいのですが(2002)

ことしの宅建合格ラインは昨年並みとみております。受験者数も昨年より約4,000人増えているので、昨年の34点よりも合格点が上がるんじゃないかと私は予想します。
で、私の見解も宅建合格ラインは35点前後が合否の分かれ目だと思います。35点取ってれば一安心じゃないでしょうか?
また、自己採点34点でも、見解次第でひょっとしたら点数が貰えるなんて事にもなるかもしれないので、淡い期待くらいはしててもいいんじゃないかなぁ…なんて思っています。

宅建試験合否を分ける目安は受験者の上位15%に一番近い点数で足切りです。

宅建合格ラインはいかに??

平成12年 168,094 25,928 15.42% 30
平成13年 165,104 25,203 15.26% 34
平成14年 169,657 ?

.

平成13年度宅建合格ラインは(2001)

平成13年度宅建合格ラインを予想しました。宅建合格ラインの外れたのは平成11年度で、しかも結果は予想よりも下だった、つまり外れたものの嬉しい結果でした。

去年のLECのように、後ほど上方修正するようなケースも考えられるので、今年も資格学校がボーダー修正をする可能性も残されています。代表的な各資格学校と、講師個人のボーダー予想を載せておくと宅建合格ラインは、総合資格学院  34点前後(昨年をかなり上回る可能性が高い)→33点

平成11年 178,384 28,277 15.85% 30
平成12年 168,094 25,928 15.42% 30
平成13年 165,104 ?

.

平成12年度宅建合格ラインが気になる(2000)

平成12年度宅建試験の出題傾向は?
宅建合格ラインが気になるところですがこれは結果がでてから決まるものです。どうしても宅建合格ラインがきになるのであれば各セミナーの予想情報を集めて予想するのもいいかと思います。
毎年32点が基準になっていますから、今年は宅建合格ラインは、31~33あたりかと予想しました。宅建試験は毎年出題されるところが決まってますよね。しかし、その範囲が広いために受験生を悩ませるところです。
宅建試験 重要ポイントは 毎年出題されている項目をピックアップしてみました。宅建学習されている方は 今年のスケジュールを確実に消化していただくことをお勧めします・・・・

平成10年 179,713 24,930 13.87% 30
平成11年 178,384 28,277 15.85% 30
平成12年 168,094 ?

.

平成11年宅建合格ラインを聞きました(1999)

私は個人的には宅建合格ラインは 32点からもしかすると33点 くらいになるのでは、と思いますね。そして最終的に出た宅建合格ラインは、幅を持たせて 33±1点 ということになります。

試験後に、周りでは結構簡単だった、という声も多数聞かれました。しかし私も今年受験しましたが、正直言って去年と比較して難しくなったとは思えません。

確かに比較的得点しやすい宅建業法が試験全体の難易度が下がり、宅建合格ラインがあがると予想されましがH10年の試験はH9年より 難しい問題が微増、基本問題は多少減、難問が増、よって全体の本試験問題の相対的難易度は昨年度より優しくなると判断しました。

上記の事情を差し引くなど考慮し、結果的には昨年の合格基準(33点)という結論ですね。

平成9年 190,131 26,835 14.11% 34
平成10年 179,713 24,930 13.87% 30
平成11年 178,384 ?

.

平成10年度(1998)の宅建試験の合格ラインは

宅建合格ラインは30%の確率で31点、40%の確率で32点、30%の確率で33点、と予測いたしました。
今年は少し宅建合格点が下がるかもしれませんね。
統計的に前年度高得点であれば、宅建試験を作成する先生方は頭をひねってそれ以下に
押さえるような問題を作成する???
これも2年前に 某先生から聞いた話で、果たして本当かどうかはわかりません。
ともあれ、テキストの重要ポントはほとんど出題されてましたね。
毎年出題されるところが決まってますから当たり前のことですが、あまりにも
宅建は範囲が広すぎて膨大な量になってしまいますから。
重要ポイントが縛りきれないのです。
しかし、基本問題がすべてできていれば28~29問は解答できているのです。
あとは個人個人の力量次第ということになります。
この力量の差はいかに問題を理解する時間を多く捻出出来た人は有利に決まっています。

宅建試験の合格ラインは?

平成8年 197,168 29,065 14.74% 32
平成9年 190,131 26,835 14.11% 34
平成10年 179,713 ?