宅建 短期勉強勝負宅建勉強法

宅建 短期勉強勝負宅建勉強法

宅建 夏場の勝負 宅建勉強法

こんな悩みの方がおられます。
宅建勉強法で講義時間は平均の通学講座よりもかなり少なめのスクールに通っています。

民法総則・物権・担保物権・債権総論・契約について終了してますが、今の時点でこの宅建勉強法ではほぼ頭に入っておらず、また、テキスト・宅建六法・過去問題集も殆ど使いこなせておりません。

宅建勉強法がわからず、まだ民法しかやっていないのにその民法でかなり苦戦しております。
電話帳よりも分厚いテキストも殆ど読めていません。

なかなか一つの事につまづいてしまうと先にすすめなかったり、法律的用語に苦戦したり・・・こんな宅建勉強法状況では勿論、10月の試験に受ける資格すら無いことになります。

スクールに通っても独学とあまり変わりませんどうしたらいいでしようか。

桜咲美 アドバイス

宅建勉強法で大切なのは、
「基本は宅建六法の条文」ですが・・・条文一つ一つ覚えていたら1年じゃ足
りません。あくまでテスト対策としてですが、基本の集中宅建勉強法することです。
過去問題集を中心にテキストを読んでいくといいでしょう。

宅建勉強法がわからなくて民法が理解できないことであせりが出ているとのことですが、6月初旬で民法をマスターできる人はいませんから、あせらなくていいと思います。
現時点で宅建勉強法はテキストを通読できていればペースに乗っていますね。
理解できていなくても読み終えていれば簡単に理解する方法があります。
それは「私のテキストを参考にしてくださいね。

宅建勉強法
は全部やらなくても一つ一つ完璧に理解することからはじめます。

とにかく読み進めます。問題はその後で解決していきます。
学習は以下のサイクルを作ってみるのもいいかもしれませんね。
まず、テキストを一区切りするところまで(たとえば「民法総則」で一区切り。
目次の章単位が適当かもしれません)通読して下さい。

宅建勉強法でわからないところがあるかもしれませんが、一度読みきります。
次に同じ項目の過去問題を解いて下さい(1回目)。
そして解説を読みます。「問」の「肢」一つ一つ丁寧に解説を読みます。
なぜ「正」でなぜ「誤」なのか、しっかり理解します。
解説で理解できなければテキストに戻って、解答になる周辺の文章を読み
ます。

最初に通読したときよりわかりやすくなっているはずです。
いずれにせよ宅建勉強法は無駄をなくすにはどうしたらいいのか自分なりに考えて学習
しましょう。
この夏場が勝負です。いろいろな数字が出てきますがすべて暗記する必要があります