今年から宅建試験を目指そうとしている方に

今年から宅建試験を目指そうとしている方に少しでもお役に立てれ場と思います。
はじめて学習し挑戦された方はどんな試験であったかはすでにおわかりかと思います。
おしくも不合格となった方はあらたに再挑戦しょうと真剣に考えられているのではないでしょうか。
一度今までの学習方法でどこが不足していたのか見直してみる必要があるのではないでしょうか。

自分に適した学習方法は、合格された方の体験談を参考にするのが一番の近道かもしれません。
参考書等よりも幅広い意見がありますので、必ずやその中で合った学習方法を見つけることが出ると思います。

まず学習するにあたり、いかに試験日までモチベーションを持ち続けることができるかが合否にかかわってくるのではないでしょうか。

はりきって今から暗記だなんて時間を費やしても試験当日まで記憶し
ているのは困難なことです。

まず最初に テキストをゆっくりと通読してみましょう。ここで全体の構成をつかみます。

テキストは法令ごとにまとめてありますから。宅建業法は業法。民法は民法とそれぞれをひとつのパーツとして捉えて学習していきます。

宅建試験はこのように幅広い法律のパーツごとに出題されます。

試験までポイントがつかめなくてどうして良いのか分からなかったのですが基本書を一通り読む、過去問を完璧に理解する、予想問題をほぼ完璧に理解する模試を受けてみる、でなんとか合格できました。ユーチューブ講座を見てかなり役に立ちました。

参考書を読む、問題を解く、解答の解説を理解するっていう流れでは耳を使わないので耳を使う作業は新鮮で苦痛が少なく、受け入れやすかったのかなと思います。ユーチューブ講座<の内容が全く分からない場合は、何回も受講したらいいかと思います。

今になって思えば、ユーチューブ講座のっていうのは記憶にあまり残らなかったと思います。

 
—————————————-

宅建試験自分の健康

宅建試験前日まで絶好調でも、 宅建試験当日に健康を害してしまえば、今までの苦労が水の泡になってしまいます。それは、 折角の実力を出し切れずに終わってしまうことですよね。 それだけに、健康は健康の間は気にならないことですが、 それゆえに、一番 大切なことをわすれているのです。