宅建試験独学で合格された皆さんの体験談にも刺激を受けました

一応法学部卒ですが、昔とた杵柄が余りにも昔すぎて宅建試験には何の役にもたたないのは間違いないです。私としては真奈美さんやさささんの厳しい意見が身に染みました。
ただ宅建勉強を始めることさえしないで諦めるのもどうかなと思ってます。
お二方と違い、確かに私には仕事上どうしても必要な資格ではないので、モチベーションを保つことすら難しいかもしれません。それに周囲にも仕事上必須なのに何年も合格しない人がいっぱいいますし、片手間で取得できるものではないのも理解してるつもりです。
宅建試験独学で合格された皆さんの体験談にも刺激を受けました。とりあえず新しい気持ちで勉強にチャレンジしてみたいと思います。
————————
働きながら2か月で宅建合格は、何の法律知識も無い人はまず無理だと思います。
私は簿記の二級も宅建も挑戦しましたが、簿記二級は半年勉強すれば楽勝だったのに対して、宅建は半年では相当頑張らないと無理という感じでした。まずはせっかくテキストもある簿記二級を取ったらいかがですか。
人それぞれ相性はあると思いますが、簿記二級を忙しくて挫折しているようでは、宅建を一発合格するのは厳しいのではないかな?覚える量も範囲も簿記二級よりずっと多いですよ。
働きながら2か月で合格は、何の法律知識も無い人はまず無理だと思います。
————————————-

宅建独学ご健闘を祈ります!

宅建独学ご健闘を祈ります! 以外に、以外に机上外での勉強が、頭に残ります。初めに、参考書「宅建の基礎知識」を読んで、勉強してダメ。三行読んで冒頭に帰るような無駄が多い。

此処もあそこも、過去問に出ていたと気付き、知識が有機的に結合してくる設問は、各問毎に自己完結性があるため、通勤車中でも、3分間もあれば1問クリアできる。参考書は薄い程重要箇所が集約されて良書。設問を間違わなくなってきたら仕上げとして、初めて「参考書に目を通す」のです。間違う毎に「解説熟読」が、宅建知識の獲得秘訣。

謂わば「山の頂上」であり、頂上から降れば何事も楽な事は、自明の理屈=2分8分の法則⇒二割の努力で八割の得点を挙げる方法論。知識が無い為、当然不正解となるが、設問下の解説欄を熟読。先ず10年分の過去問の問題集を購入し、単元毎にバラして、薄い冊子を作るいきなり解答に着手する。

大切な事は「知らないということを知ること」従って間違う事は「理解度を知る上で、非常に重要」なポイント設問は「知識の重要箇所」を示す。基礎知識は資格者のハンドブック。不正解問には回毎に×をマーキングし、正解するまで繰返しチャレンジする。

宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座