効率的な宅建独学勉強法で宅建試験に合格する方法

効率的な宅建独学勉強法で宅建試験に合格する方法

宅建試験の高率的な勉強法として、付加情報を付けることでどれだけ宅建試験の勉強ができるのか。

 

誰でもできる宅建試験の勉強方法の4つの計画方法をお伝えします。
今から説明する内容はすでに皆さんご存知のことばかりです。

ただ、わかっていてもできないというのが現状ではないでしょうか。
ですから、一つでも実行に移していただければ幸いです。
多くの方が何時間勉強した、ということで達成感を満足してしまいます。

重要なことは、この宅建の勉強をした時間ではなくて、なにを理解したのか。何を覚えたのか。その覚えなければいけないこと。この意味が解っていないんですね。
では、どうすれば解るのか。これが、今回お話する付加情報です。

今回は、この付加情報をつけることでどれだけ宅建の条例を記憶しやすくなるのか。
頭に定着しやすくなるのか。これを一度体感してみていただきたいと思います。

例えば、区画整理会社ですが、土地区画整理事業を一度勉強したことがある方は、区画整理会社を見たことがあると思います。

この区画整理会社は都道府県知事に認可してもらいます。そのために必要な要件として、宅建のテキストや過去問でたりすると、施行地区内の有権者又は、借地権者が株主の議決権の過半数を有していなければならないと書いてあります。

これを覚えなければいけないんですが、これをそのまま覚えようと思っても、意味が分かりません。ですから覚えられないと思います。しかし、多くの方がそのままこれを覚えようとします。でも、実際は覚えづらいですね。実際、これが宅建試験で出てくると、覚えられていなくて間違えるという結果になってくるんです。

なぜ覚えられないかと言うと、そもそも、区画整理会社が。どのような会社なのか分かっていないということが一つの原因となります。じゃあ、それを覚えればいいんじゃないかと思いますが、宅建のテキストにも、そんなに詳しく書いてありません。

では、詳しく説明します。たとえば、大きな土地がABCDEFの所有で、曲がりくねった道の中に区画されていたとしまぐにゃぐにゃしている道をまっすぐにきれいにしましょう。そのための施工者が区画整理会社ですよ。ということになります。

多くの方が。この区画整理会社をどのように認識しているか。「大手のゼネコンや動産会社がここの区画整理を行っているんじゃないか」というふうに思っているんですよね。

でも、実際のところは、これは違います。この認識をしていると、これが理解できなくなっちゃうんですね。実は、このABCTCFさんは、所有者であったり借地権者であったりします。

この人たちと、民間事業者が主となって作る会社が区画整理会社です。この民間事業者だけが区画整理、会社ではなくて、ABCDEFさんも一緒になって、株主となってやるのが区画整理会社です。

これが付加情報なんですね。これを理解すると、内容がすんなりと入ってきます。
とういうことかと言いますと、3ABCDEFさんは株主です。もちろん一緒に民間事業者も、株主です。

この全部の株主の中で半分以上の議決権を、所有権者であったり借地権者であったり区画整理会社が持ちましょう。というのがここで覚えるべき内容です。ここまで来ると、意外と「なるほど」と。そういったことなのかと理解ができます。

覚えることは、難しくないことなんですけども、一部しか載っていないことによって訳が分かんなくなります。付加情報を加えることによって、「あー、なるほど」な、と言うことが実感できたかと思います。さらに実は、区画整理会社というのは、公開会社でないといけない会社です。ということも、宅建のテキストや過去問題に出ています。

これも、また覚えろと言われた時「なんでこれが出てくるのか」と知っていないと覚えづらいんですよね。実際のところ、この公開会社という言葉。これも、宅建のテキストによっては、載っているところと乗っていないところがあります。

公開会社というのは、株の取引が誰でもできてしまうそういった会社ですよね。
株式を公開している大手の会社は証券会社を通して株が買えますよね。
そういった会社が、公開会社です。そういうことをしていない多くの中小企業、零細企業というのはオーナーが株を持っているわけです。

そういった会社は、いわゆる公開会社でない会社ということになります。公開会社でないと区画整理会社にはなれないというのがこの理由です。がなぜかと言うと、さらに情報を付け加えましょう。実際に公開会社だと、どうなるか。

例えば、A,B,C,D,E,Fさんと、民間事業者の区画整理会社が公開会社であれば、
別の民間事業者が株を買ってしまうと、その業者は区画整理事業ができるわけ
ですよね。そうなってくると、元々の区画整理会社は、何なのかということになります。
単に株を取得するだけでできてしまうということを防ぐために、「公開会社でない会社は、未公開会社にしましょう」という規定ができています。

このように付加情報を加えることによって、意外にすんなりと「なるほどな」と理解ができたと思います。「なるほど」というのが記憶に反映してくるわけです。
これが効率的な勉強法につながってきます。独学でやられる方は、付加情報を付け加えることは非常に時間がかかると思います。他に調べなことをいっぱいしなければいけませんね。

さらに、通信講座では、このような細かいところまでは教えてくれませんし、宅建のテキストに載っていません。実際に質問すると、そこまで詳しい回答が返ってくるかと言うと、おそらく反ってこないと思います。スクールでも、授業でも、このようなことをやっているかと言うと、ほとんどやっていないと思います。

宅建のテキストに載っている内容をやっているだけですから。おそらく、付加情報を付け変えれば、「こんなに分かりやすいんだ」。「意外と簡単に、シンプルに覚えられるんだ」と言うことを今回は実感していただいたと思います。

宅建試験の学習で理解学習について教えてください

 

宅建の勉強をしても時間がたつと、どんどん記憶が曖昧になってしまう。
宅建試験問題を解こうと思っても忘れてしまいます。と、いうような悩みの方にお答えいたします。
人の頭の中というのは、大きく分けると箱が二つあります。

一つ目が短期記憶の箱。もう一つが長期記憶の箱。短期記憶の箱というのは、ちっちゃいですよ。
一方、長期記憶というのは大きな箱です。つまり、どんどん記憶していたものを入れて行ったりすると、短期記憶のほうの箱が小さいので、どんどんあふれていく。つまり忘れていくということですね。

一方、長期記憶というのは、箱がすごく大きいので、一度入ってしまうと、そこにずっと止まることができるんですね。つまり、記憶が定着するというというのが長期記憶です。忘れてしまうのが短期記憶なんですね。

誰でも初めは、何か覚えようと思った時に短期記憶の箱へ入れるわけですね。その後、色々な方法を使って長期記憶の箱へ移し替えていくと、いう形になるわけですね。
どのようにして短期記憶から長期記憶の方へ移して行くのか。というところがすごく重要になってきます。

今回お伝えするのは四つです。

  1. 宅建の勉強の復讐

すごく重要ですけども、これを怠っている方が多いですね。1回や2回で宅建の勉強を頭に入れるということは難しいです。ですから、何回も何回も復習するということが重要になってきます。復習すればするほどわかってくるようになるわけです。
復讐は、絶対しなければいけません。1回や2回でわからなくても、それは仕方がないと思って何回も何回も復習をしましょう。これを心構えとして頭に入れておいてください。

  1. 対比

二つのものを比較していくと言う話ですね。例えば、「営業保証金と保証協会」という、似たような部分というのがあると思いますが、それをちゃんと意識しながら対比していく。別途、別途に覚えるんではなくて、「営業保証金の場合はこうだ。保証協会の場合はこうだ」という風にちゃんと意識していく。

借地権とか借家権もそうです。普通借地権と定期借地権の比較でもいいですけども、
色んな部分で似たようなものが出てきます。そういったものについてはちゃんと意識するわけですよ。

「こっちはこう。こっちはこう」と意識しながらちゃんと対比させていく。と言うということがすごく重要です。これは是非行っていきましょう

これぐらいであれば、市販の宅建のテキストであれば表になっていたりしますから、
ちゃんと問題を解いて「これなんか似たようなものがあったな」とか、「あの表あったな」と思ったらちゃんと振り返って宅建のテキストを見る。

「そうだそうだ」と、「借地権の場合はこうか。借家権の場合はこうなのか」というように、自分で覚えようと思って「こうだこうだ」と、頭の中で意識しながら宅建の勉強するというのはすごく重要です。

さらっと、「借家権の場合はこうだ」と思って宅建問題を進めていくのと、意識して、借地権は、「こうだ、こうだ」借家権は「こうだ、こうだ」と自分で覚えようと頭の中で意識しながら「よし覚えずるぞ」と、やったのでは、効果が全然違います。
長期記憶の方へ移しやすくなるので、すごく重要になってきます。是非行ってみてください。

3、論理立てる

ちゃんと理論付けて覚える。「こうだから、こう」「こうだから、こうなんだ」と覚えると、すごく頭に残りますよ。
例えば、中学校のころ学んだことを今でも忘れずに覚えているものがあるはずです。
思い出してください。今でも覚えているものこれが長期記憶の箱に入っちゃっているからですよ。

それはなぜかというと、論理立て、頭の中に入っているからです。

宅建のテキストで、論理立てて覚えていけるというのはたくさんありますね。
例えば、国土利用計画法の届け出の部分ですね。

どういった場合に届け出が必要で、どういった場合に届け出が不要なのかという話です。
例えば、相続で「1万平米の土地を取得ししましたと」言った場合。
国土利用計画法の届出は、不要なのか必要なのか。
これちゃんと理解をしていれば、「これ不要」だって分かりますね。

それは、なぜかと言うと、国土利用計画法というのは、そもそも、「地価が高騰するおそれがあるものに関して届出してくださいね」と言うルールになっています。
つまり、地下が跳ね上がるおそれがないものについては、「届け出をしなくてもいい」と言う話です。
相続の話に言い換えると、相続は、単に名義が親になったり配偶者になったり、名義が変わるだけですよね。そこにお金のやり取りが全くないわけですよ。

所有者が変わるだけなので、それで、地価が上がるということはまずないわけですよ。
もし、それで地価が上がっていくのであれば、相続するたびにその土地がどんどん上がっていくというおかしな現象になってしまいます。それはないですよね。

単に名義が変わるだけで別に地価があるとも、下がることもない。単に名義が変わるだけです。だから、「国土利用計画法の届出は不要」ということがわかります。というように答えを導けるわけですよ。

その他に、時効取得というのもそうですね。他人の土地があって、「私がずっと自分のものだと思ってずっと占有していた」結果、人の土地を時効取得しました。これか1万平米の土地だったと仮定して、これ届出が必要なのか?
これは届出不要です。

これも、単に名義が変わるだけでお金のやり取りはありません。
つまり地価が高騰する恐れはない。だから届出は不要ということに論理立てるということになります。

この考えがあると、今言った相続とか時効とか、それ以外の問題が出たとしても、その考えにしたがって答えが導ける場合がありますよね。
ですから、全く見たような見たことがないような問題あったとしても、解ける可能性が出てくいいですよ。この論理立てというのは、すごく重要ですよね。

こうやって論理立てて、解説しているものはあまりないので、ここは自分で調べるという流れになります。「こういう方法もあるんだ」と、頭に入れておくというのが重要です。

4、 具体例にイメージしていく

ということですね。単に文字だけで理解するということになってくると理解できないですよ。
例えば、「被担保債権が消滅したら抵当権も消滅しますよ」と言われた時に、「何言ってんの?」

「何、被担保債権?何?抵当権?」という話になってしまいます。
分からない人は、とりあえず「被担保債権が消滅したら抵当権も消滅するのか?」「 それが付従性という性質なのか? みたいな感じで覚えてしまいますけども、具体例が頭に入っていれば当然の話ですよね。

例えば、「私はあなたに1000万円貸しました」と仮定しましょう。
私は、あなたから1千万円を返してもらう権利があるわけですね。ちゃんと1000万円返してくれるであれば問題はありません。しかし、返してもらえない場合私は困るわけですよ。

だから、もし、あなたが土地を持っているのであれば、私はその土地に抵当権を設定しもらいもらいます。何のためにそのようなことをしてもらうのかというと、お金が返ってこなかったらその土地を売って、その売ったお金で返してもらうと言えるようにするためです。

裏を返せば、1000万円を返してもらえれば抵当権というのはもう不要ですね。被担保債権の担保というのは「保証」という意味ですよね。保証されている債権が被担保瑕債権なるわけです。

今、抵当権で保障されてもらっている債権というのは、今、私が持っている貸金債権です。「お金を返してと」言う権利これが保障されています。これが被担保「債権です。「お金を貸しました」「抵当権を設定してもらいました」という場合に「お金を返してください」という請求できる権利「これが被担保債権なんだ」これぐらいは覚えておいていいと思います。

お金を返してもらえば、この請求する権利はなくなりますね。お金を返してもらってまた「1000万円返せ」と、これはおかしな話になりますよね。「1000万円返して」というのは、返してもらえない時に言える話で、返してもらったらこの請求権はなくなるわけですよ。

そうしたら、もう抵当権もいらないですよね。なぜならば、この債権を保証するために設定したのが抵当権だからですよ。貸したお金を返してもらえれば、「自動的に抵当権は消滅するんだ」当然の話です。

「被担保債権が消滅したら抵当権が消滅するよ」これを「付従性」というんだ。と、文字にしたらそうなりますけども、こういったものが具体例にイメージできれば、どんどん頭に入ってきます。

初めに言った文字だけで覚えると短期の記憶になってしまいます。1日、2日ぐらいまでは覚えていると思いますが、一か月経ったら忘れているということになります。しかし、具体例で、イメージで覚えると意外とずっと覚えていますよ。

これはもちろん復習はしなければいけませんが、何度も復習したら、長期の箱に入ってきます。文字だけで復習していると短期の箱にずっと残ってしまいます。ですからこういった、1~4の内容を組み合わせて頭に入れていく。これがいわゆる理解学習です。

理解学習でも絶対復習は必要なので、是非こういったものを使いながら毎日学習を進めていきましょう。無駄な勉強や丸暗記学習などしていたら、覚えて、忘れて、覚えて、忘れての繰り返しになってしまいます。そうなると、3年、4年、5年とやり続けても受からないことになります。

問題見ても、「理解できない」「過去問題は解けるけども本試験は解けない」ということになってしまいます。そういったことにならないためにも、この4項目を使いながら、勉強を進めていきましょう

独学で宅建に宅建試験に合格できる人と、独学で宅建試験に合格できない方この 違いとは?

 

独学で宅建試験に合格できる方と、宅建試験に合格できない方この違いについて説明いたします。できる方もできない方も、今から宅建の試験まで時間いうのは平等に与えられています。

にもかかわらず、宅建試験に合格できる人、できない人分にけられるというのは、今から10月の宅建の試験までにる内容、勉強している内容が違っているということです。この差で、できる人とできない人が別れてきます。今回は、できる人に焦点を当てていきたいと思います。

この独学で宅建試験に合格できる人の要素は何なのか、というものを理解していただきたいと思います。実際、自分要素と比較していただいて見てください。足らない部分は、是非吸収していただきたいと思います。そして、独学で宅建試験に合格できるようにしていただければと思います。

現状から、宅建試験に合格までの目標これを達成するために何をしなければいけないのでしょうか。宅建試験に合格している方は、意識的にPDSサイクルを回しています。目標を達成するための効率的な流れ。これをPDSサイクルと言います。
マネジメントサイクルとも言われます。

会社とか工場とか使われ、効率的に回していくためにPDSサイクルというのが使われています。物事を改善しながら目標を達成していく方法です。内容ですが、Pというのは計画、Dは実行、Sは確認を意味します。これを宅建試験に合格できる方は、自分で意識的にやっています。

今を3月としますと、10月中旬にテストがありますから、これまでの間に8ヶ月あります。7か月で宅建試験に合格できるプランを立てようと考えたとします。宅建は、権利関係、宅建業法、法律上の制限、税その他。四つの大きな分野に分かれますが、
たとえば、

1.権利関係–2ヶ月
2.宅建業法–2ヶ月
3.法律上の制限–1ヶ月
4.税その他-1ヶ月

これで6ヶ月になります。最後に実力確認として模擬試験を1ヶ月使ったとします。
そうすると、7ヶ月になります。このようなプランを立てたとします。権利関係は、2ヶ月で8週間ありますが、一週間ごとに何をすべきか。ということを考えていくわけです。

計画を立てるポイントですが、何時間勉強しようと言う時間を基に計画を立てないようにしましょう。重要なことは何を勉強するのか。具体的にこの一週間に、意思表示、権利能力者、これを一週間で勉強するとします。

ここの部分の過去問題の10年分をマスターしようとか、より具体的に何ページから何ページまで問題を解いて覚えよう。そのような具体的な計画することが重要です。
計画を立てていないという人は、ある程度頭の中頭の中で計画の指針にするわけです。

「毎日1時間宅建の勉強しよう」とか。こういった勉強をすると進み具合が先が見えないわけですね。ということで、時間がたつにつれて、計画を立てた人は、3月から8月の間で計画を立てたのに、そこまで達成していないと、そこの部分をわかったら、そこの部分を修正していけるわけですが、計画を立てずに勉強をすることだけを考えている人は、どこまで達成しているのかが見えないわけです。

達成する目標がないためにギャップを埋めることができません。
しかし、勉強をしているから実力はついていると思い込んでしまいます。これが一番危険な状態です。ということでしっかり計画を立てる必要があります。この日までには、ここまで行く予定だということをはっきりさせることです。ここまで行っていない。ということが分かれば、どうやって埋めていこうかと考えられるわけです。

次に、勉強をすることになりますが、Dの実行段階に入っていきます。実行をするにしても、集中しているか、していないかで勉強の質というものは変わってきます。集中していなければ、勉強をしていないと変わりません今、現場を振り返って見て集中できていますか。

もし、毎日1時間勉強している方であっても、集中できていない場合は、少し変えたほうがいいです。そこで、何を変えるのかということですが、変えるポイントが二つあります。

1.時間

集中できる時間をずらすことです。自分で一番集中できる時間帯のことです。
朝にするとか、寝る前にするとか、時間はいつでも構いません。
分けたりすることもできますので、朝30分、昼30分夜30分というように分けても構いません。
これが時間をずらす方法です。ということで、一番自分の集中できる時間を選ぶことです。

2.場所

もう一つは、場所が大事です。場所をずらすという考えです。今は、自宅の自分の部屋、書斎かもしれませんが、今の場所から少しずらしてみるという考えです。

集中できる場所。例えば、喫茶店でやってみようとか、フアミレスへ行こうとかそんな感じです。時間と場所というのは、ずらすことによって、集中できる場所と時間を自分見つけてください。そこで勉強してみてください。それが実行です。

3.確認

これは、非常に重要です。勉強できる方とできない方の違いは、勉強、勉強、勉強、実行、実行、実行ばかりです。例えば、過去問題の1から10までやる。次は、11から20までやる。

どんどん進めるだけしかやらない。これだけですと、自分が本当に覚えられているのか、覚えられていないのか分からないわけですね。ここで、一番怖いのは、「勉強をしているから、問題を解いているから自分は実力があるんだ」と思ってしまうことです。

これが、一番怖いことなんですよね。錯覚をしてしまいます。この錯覚状態がずっと続きますと、10月3日になってもまだ目標に届きません。「じゃあ、一か月でどれだけ伸ばそうか」ということになります。

このように無謀なことになってしまいますから、できるだけ早い段階で自分の実力確認をして、このギャップという物を見つけることが重要です。

では、どうやって見つけたらいいでしょうか。今までたことのないような問題をやってみる。例えば、予想問題とか模擬試験とかを使って、やった内容が覚えられているのかどうか、それをきっちり確認していくことです。

それが重要です。その確認をする日というものをキッチリ計画の中に埋めることが重要です。いつ確認するのか。一週間にいっぺんでもいいですし2週間に1回でもいいです。

定期的に確認する日をきっちり計画立ててください。それが出来なければ、復習をやらないといけないというような焦りが出て出来なくなってしまいます。ですから、計画の中に埋め込んでいってください。自分がこの内容と比べてみて、自分が足りない思ったことを是非吸収していってください。

頑張って今年こそは宅建試験に合格しましょう!!

宅建超高速勉強術 ■■■ 1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!