独学で宅建に合格できる方と、独学で宅建に合格で肩と独学で合格できない方この 違い


本日は、独学で宅建に合格できる方と、独学で宅建に合格で肩と独学で合格できない方この
違いについて説明いたします。
できる方もできない方も、今から宅建の試験まで時間いうのは平等に与えられています。

にもかかわらず、合格できる人、できない人分にけられるというのは、今から10月の宅建の試験までに
やる内容、勉強している内容が違っているということです。
この差で、できる人とできない人が別れてきます。
今回は、できる人に焦点を当てていきたいと思います。

この独学で合格できる人の要素は何なのか、というものを理解していただきたいと思います。
実際、自分要素と比較していただいて見てください。足らない部分は、是非吸収していただきたいと思います。そして、独学で合格できるようにしていただければと思います。

現状から、宅建合格までの目標これを達成するために何をしなければいけないのでしょうか。
合格している方は、意識的にPDSサイクルを回しています。
目標を達成するための効率的な流れ。これをPDSサイクルと言います。
マネジメントサイクルとも言われます。

会社とか工場とか使われ、効率的に回していくためにPDSサイクルというのが使われています。
物事を改善しながら目標を達成していく方法です。
内容ですが、Pというのは計画、Dは実行、Sは確認を意味します。
これを宅建で合格できる方は、自分で意識的にやっています。

今を3月としますと、10月中旬にテストがありますから、これまでの間に8ヶ月あります。
7か月で合格できるプランを立てようと考えたとします。

宅建は、権利関係、宅建業法、法律上の制限、税その他。四つの大きな分野に分かれますが、
たとえば、
1.権利関係–2ヶ月
2.宅建業法–2ヶ月
3.法律上の制限–1ヶ月
税その他-1ヶ月

これで6ヶ月になります。最後に実力確認として模擬試験を1ヶ月使ったとします。
そうすると、7ヶ月になります。このようなプランを立てたとします。

権利関係は、2ヶ月で8週間ありますが、一週間ごとに何をすべきか。ということを考えていくわけです。
計画を立てるポイントですが、何時間勉強しようと言う時間を基に計画を立てないようにしましょう。
重要なことは何を勉強するのか。具体的にこの一週間に、意思表示、権利能力者、これを一週間で勉強するとします。

ここの部分の過去問題の10年分をマスターしようとか、より具体的に何ページから何ページまで
問題を解いて覚えよう。そのような具体的な計画することが重要です。
計画を立てていないという人は、ある程度頭の中頭の中で計画の指針にするわけです。
毎日1時間、勉強しようとかこういった勉強をすると進み具合が先が見えないわけですね。

ということで、時間がたつにつれて、計画を立てた人は、3月から8月の間で計画を立てたのに、そこまで達成していないと、そこの部分をわかったら、そこの部分を修正していけるわけですが、計画を立てずに勉強をすることだけを考えて、いる人は、どこまで達成しているのかが見えないわけです。
達成する目標がないためにギャップを埋めることができません。
しかし、勉強をしているから実力はついていると思い込んでしまいます。これが一番危険な状態です。


ということでしっかり計画を立てる必要があります。この日までには、ここまで行く予定だということを
はっきりさせることです。
ここまで行っていないということが分かれば、どうやって埋めていこうかと考えられるわけです。

次に勉強をすることになりますが、Dの実行段階に入っていきます。
実行をするにしても、集中しているか、していないかで勉強の質というものは変わってきます。
集中していなければ、勉強をしていないと変わりません
今、現場を振り返って見て集中できていますか。

もし、毎日1時間勉強している方であっても、集中できていない場合は、少し変えたほうがいいです。
そこで、何を変えるのかということですが、変えるポイントが二つあります。

1.時間
集中できる時間をずらすことです。自分で一番集中できる時間帯のことです。
朝にするとか、寝る前にするとか、時間はいつでも構いません。
分けたりすることもできますので、朝30分、昼30分夜30分というように分けても構いません。
これが時間をずらす方法です。
ということで、一番自分の集中できる時間を選ぶことです。
もう一つは、場所が大事です。場所をずらすという考えです。
今は、自宅の自分の部屋、書斎かもしれませんが、今の場所から少しずらしてみるという考えです。

集中できる場所。例えば、喫茶店でやってみようとか、フアミレスへ行こうとかそんな感じです。
時間と場所というのは、ずらすことによって、集中できる場所と時間を自分見つけてください。
そこで勉強してみてください。それが実行です。

次に確認です。
これは、非常に重要です。勉強できる方とできない方の違いは、勉強、勉強、勉強、実行、実行、実行ばかりです。
例えば、過去問題の1から10までやる。次は、11から20までやる。どんどん進めるだけしかやらない。
これだけですと、自分が本当に覚えられているのか、覚えられていないのか、分からないわけですね。

ここで、一番怖いのは、勉強をしているから、問題を解いているから自分は実力があるんだ。と思ってしまうことです。これが、一番怖いことなんですよね。錯覚をしてしまいます。

この錯覚状態がずっと続きますと、10月3日になってもまだ目標に届きません。
じゃあ、一か月でどれだけ伸ばそうかということになります。
このように無謀なことになってしまいますから、できるだけ早い段階で自分の実力確認をして、このギャップという物を見つけることが重要です。

では、どうやって見つけたらいいでしょうか。今までたことのないような問題をやってみる。
例えば、予想問題とか模擬試験とかを使って、やった内容が覚えられているのかどうか、
それをきっちり確認していくことです。
それが重要です。その確認をする日というものをキッチリ計画の中に埋めることが重要です。
いつ確認するのか。一週間に、いっぺんでもいいですし、2週間に1回でもいいです。

定期的に確認する日をきっちり計画立ててください。
それが出来なければ、復習をやらないといけないというような焦りが出て出来なくなってしまいます。

ですから、計画の中に埋め込んでいってください。自分がこの内容と比べてみて、自分が足りない思ったことを是非吸収していってください。

 


サイト内一覧