宅建試験を2ヶ月で合格できた方のお話を聞きたいのですが?


宅建試験の勉強を一日当たり6時間して、宅建試験に合格したということです。
なんで、2ヶ月で宅建試験に合格できたのか原因を探ってみましょう。

まず、無料のテキストを全て印刷したそうです。勉強の仕方も、インターネットで入手したそうです。
その方は、それを見て実践して合格したということです。

普通に動画を見たりホームページを見たりして、勉強してもつかみどころがないですね。
そこで、この方はこんな方法で勉強したそうです。

「関連性のあるものをつなげて覚える」と、言うことに感銘し実際に実行したそうです。この方は、関連付けて覚えると言うこれを自分なりに、具体的なプランに落とし込んで勉強して行ったわけです。

結果合格しましたが、多くの方ですと、これだけでは具体的ではありません。ですから、全くこれではわからないわけですね。

具体的に、自分でできる方であれば、これをすれば合格できてしまいます。しかし、多くの方は、具体
的にはできませんし、やっぱり考えながら勉強しないと合格できないんですね。

この方が合格できた。大きな原因というのは、気づく・変える・続ける。
この三つのステップを踏んでいるわけですね。

一番最初に気づく。
これは、勉強の仕方に間違っていることに気づくということです。
この勉強の仕方が行けるな。そういうことに気づくということが重要です。

この方は、9月から勉強を始めているので、そもそも勉強してないんですよ。
だから、今までの勉強の仕方はありませんので、すんなり関連付けて覚えるということに抵抗なく入ったわけですね。


でも、多くの方は、今まで勉強しているわけですね。
そうすると、今までの勉強の仕方というのを一番最初に変えるということをしなくてはいけません。

自分の勉強の仕方では、「まずいんだよ」ということに気づくということです。
気づいた上で、それを変えていかなきゃいけません。そうすると、人というのは、習慣で生きる動物ですから、習慣を変えることを人って非常に嫌いますよね。

例えば、毎日8時に起きていると、8時に起きている方が7時に起きようときついわけですね。
12時に食事をとっている方は、それを2時に食事をとるとします。

なんか、お腹がすいて我慢ができない。とか集中できないとかということになってきます。それを変えるということは、非常に難しい。しかし、この2ヶ月で合格した方がすんなり入ったわけですね。

気づいて変えなきゃいけません。そしてこれを続けなくてはいけません。
信じて続けるということが大事です。多くの方は勉強したらすぐ成果が上がると思っているんです。
そんなことはないですよ。すぐ成果が上がったらみんな合格してしまいます。そんなこそはないんです。

最初は、不安になると思います。「これでいけると、」合格者の方もやっています。それを信じて成果の上がらないことがありますが、それを信じて続けるということが非常に重要です。

問題は、これにくっつけて、覚えてく。これと対比しましょうとか。これと、これは、こうですよね。こっちはこうなんですね。だから、注意してくださいね。とか、そういったところを中心に勉強するわけです。

そうすることで、ここが重要なんだと理解しながら勉強できるんですね。そうすると、必然的に成果が上がってきます。ちゃんと勉強すれば成果が上がる。これは、当たり前なんですよね。
ちゃんと勉強すれば実力は上がる。ちゃんとした勉強をしていないと実力はつかない。

これは、当たり前なんですよね。
それで、早く気づいて変えて実行していく。それを続ける。
これを是非やっていただきたいと思います。
独学でできる方は、それをすぐにやってみてください。


サイト内一覧